HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > パソコンの教育にも力を入れている近畿大学!BYODって何?

パソコンの教育にも力を入れている近畿大学!BYODって何?

≪ 前へ|近畿大学の入学式!おこなわれた催しの内容が豪華ですごい   記事一覧   近畿大学のポリエステル媒地を再利用した新燃料の研究とは|次へ ≫

パソコンの教育にも力を入れている近畿大学!BYODって何?

カテゴリ:学部・学科紹介(近大)

これから近畿大学への入学を検討している方に向けて、近畿大学が新入生向けにおすすめのパソコンの情報を提供していることをご紹介していきます。

 

BYOD」や「近パソ」などのあまり聞きなじみのない言葉についても、見ていきましょう。

 

IT教育も進んでいる大学ならではのサポートも満載です。


パソコンの教育にも力を入れている近畿大学!BYODって何?


近畿大学はパソコンの教育も手厚い!BYODって何?


近畿大学ではデジタル情報を閲覧だけでなく、情報を創る側になってもらうことを目的に、学生に自分専用のノートPCを持ち歩き、自由に使いこなせるようになることを促しています。

 

そこで個人が所有するパソコンやタブレットを大学内に持参して、学習などに活用することを「BYOD」といい、推奨しています。

 

BYODは、「Bring Your Own Device」の略です。

 

実際に大学では履修の登録やレポート作成、シラバスや時間割の閲覧など、パソコンを利用する機会が多くあります。

 

学内にもPC教室が設置されていますが、自分のパソコンがあればその教室に行く必要はなく、学習ができます。

 

もちろん社会に出てからも活用することが多いので、教育の中で活用し大学からパソコンに慣れておきたいですね。

 

そのBYODのサポートとして、近畿大学ではキャンパス全域でWi-Fiが使えるようになっていたり、officeなどのソフトウェアが無料で使えるようになっていたりします。

 

近大生専用のウェブサービスも提供されており、充実したサポート内容です。

 

近畿大学はパソコンの教育も手厚い!わかりやすいガイドブックもある


近畿大学ではBYODに適しているパソコンの購入サイトの設置や、メンテナンスのサポートもしています。

 

どんなパソコンを買ったら良いかについてもホームページで紹介されており、スペックやおすすめの規格なども閲覧できます。

 

その規格や構成を満たしていればどこで買っても問題ないとされていますが、近大生協でも近大生向けに「近パソ」と呼ばれるパソコンも購入ができるようになっています。

 

近パソを購入するとサポートが手厚くなり、有料のサポートパックに加入すると初期設定サポートや4年間の無償修理受付、Macアップグレードプログラムのサポートなど、手厚くフォローしてもらえます。

 

近パソサポートセンター「CLICKもあり、購入後のアフターフォローやトラブル対応のサポートも受けられるそうです。

 

また「近パソガイド」と呼ばれるガイドブックが提供されており、インターネットからも閲覧できます。

 

このガイドブックでは見やすくわかりやすく、PCについての内容が記載されています。

 

具体的にどのような場面で必要になるのか、近パソの詳細、おすすめのモデルなど必要な情報が詰まっていますので、ぜひ閲覧しておきたい内容です。

 

焦って自分で購入せずに、何が必要かなどを理解したうえで購入できるよう、ガイドブックには目を通しておきたいですね。

 

パソコンの教育にも力を入れている近畿大学!BYODって何?


まとめ


近畿大学がパソコンに関する部分にも力を入れており、教育に限らず購入の面からもサポートしていることがわかりました。

 

うまく制度を活用しながら、必要な学習に積極的に取り組めるよう、準備しておきたいですね。

 

南光不動産では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。

 

東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

 

≪ 前へ|近畿大学の入学式!おこなわれた催しの内容が豪華ですごい   記事一覧   近畿大学のポリエステル媒地を再利用した新燃料の研究とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約