HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科で学べる内容と取得できる資格

近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科で学べる内容と取得できる資格

≪ 前へ|近畿大学経営学部会計学科に注目!教育方針や取れる資格をご紹介   記事一覧   近畿大学理工学部生命科学科が気になる学生は注目!研究内容や特色は?|次へ ≫

近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科で学べる内容と取得できる資格

カテゴリ:学部・学科紹介(近大)

近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科で学べる内容と取得できる資格



近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科では人材のマネジメントについて学べます。

 

企業において人材をマネジメントするためには、人間のことをしっかり理解する必要があります。

 

人間への理解を深めマネジメント能力を高めるために特化したプログラムはあるのか、人材マネジメントにかかわるどんな資格が取得できるのかといったことをご紹介します。


 

近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科の4年間で学ぶこと


人間のキャリアに関する部分をマネジメントすることに関して学べる学科



キャリア・マネジメントといっても、どんなことを学ぶのか明確なイメージがつかみにくいかもしれません。

 

「キャリア」という言葉はよく耳にしますが、出世や仕事上の過程や結果のことをいいます。

 

仕事での経験を積むことや、業務に取り組む過程の中で知識を身に付け、人間性を磨くことでキャリアを積んでいきます。

 

近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科は、人間のキャリアに関する部分をマネジメントすることに関して学べる学科です。

 

企業が戦略を展開したり経営を成功させるためには、資源である人材をマネジメントする必要があります。

 

人材を企業で生かすためのマネジメントのプロを育成するのが目的です。

 

人間のキャリアをマネジメントするためには人間を理解した上でビジネスを学ぶ必要があります。

 


近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科の教育方針



キャリアを形成することは経営そのものであるということを踏まえ、経営と個人の両方の視点からキャリアを学ぶことを教育方針としています。

 

キャリア形成に関する専門的な知識や理論を修得するだけではなく、人材を活かすための能力を身に付けるために実践的な内容も学べます。

 

実践的な内容の一つとして、体系的なインターンシップがあげられます。

 

体験型、訓練型の授業を通してビジネスの第一線に触れ、組織への理解を深めることができます。

 

また人材をマネジメントする前に自分自身をよく知っておく必要があります。

 

適性検査で客観的に自分を分析することでキャリアへの理解を深めます。

 

TOEICTOEFLに重点を置いており、ビジネスで必須となりつつある英語能力を高めることもできます。

 


近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科のカリキュラム



資源としての人材を管理する上で必要となる理論や手法を習得するために、心理学をベースとしたカリキュラムが組まれています。

 

総合大学のメリットを活かして、さまざまな学部の多彩な科目を受けることができます。

 

近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科では、4年間でどんなことを学ぶのでしょうか。

 

まず1年次は、専門基礎科目として統計学やマーケティング論、コミュニケーション基礎、経営学AB、簿記論ABなどを学びます。

 

そして2年次になると専門基礎科目の授業はありませんが、外国語科目や専門情報科目、専門基幹科目などに分類される授業が増えます。

 

なお、外国語科目は英語・ドイツ語・スペイン語・フランス語・中国語・韓国語の6言語です。

 

3年次になると、職業選択理論や健康心理学、人材形成史などの授業も入ります。

 

また3年次と4年次は、卒業研究の授業もありますよ。

 


メールでお問い合わせ


近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科生のスキルを高めるアセンブリー・アワーとオフィス・アワーとは


経営学部生のスキルを高めるためのサポート



キャリア・マネジメント学科を含む経営学部生のスキルを高めるためのサポートとして、アセンブリー・アワーとオフィス・アワーという時間が設けられています。

 


アセンブリー・アワー



アセンブリー・アワーとは、大学内部・外部の講師による講演会や試験対策講座、就職に向けたガイダンスなどを開催する時間のことです。

 

例えばビジネスの基本講座やさまざまな業種で働いている人による講演などが行われており、授業だけでは分からない実際的な部分を学ぶことができます。

 

経営学部の学生全員が出席できるように、講座やガイダンスが開催される時間には授業が行われないようになっています。

 

授業と受けたい講座がかぶってしまってどちらかを受けられないといったことのないように配慮されているのが嬉しいですね。

 


オフィス・アワー



オフィス・アワーとは、授業以外の時間でも教授や講師に質問できる時間のことをいいます。

 

授業を真面目に受けていたとしても、大事な部分を聞き逃してしまったり聞き取れなかったりすることもあると思います。

 

内容を聞いていて気になることや疑問に思ったことを質問したくても、授業中は他の学生の目が気になって質問しにくい場合もあります。

 

研究室に質問しに行ってみたのに、教授が不在でわからないところをそのまま放置してしまったという経験も多いのではないでしょうか。

 

近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科では教授や講師と学生とのコミュニケーションを大切にしているため、授業以外の時間にも研究室を訪問して質問できます。

 

オフィス・アワーには、教授が必ず研究室で待機してくれていて、個別の質問や進路相談を受けつけます。

 

そういったときにオフィス・アワーを利用することで理解をより深めることができます。

 


近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科の課外講座で学べる資格


課外講座で学べる資格



大学や学部で取得できる資格が気になる人もいるかもしれません。

 


課外講座の概要



キャリア・マネジメント学科を含む近畿大学経営学部生が課外講座でどんなことを学べるのかをご紹介します。

 

・基本情報技術者…情報系の進路を希望している学生におすすめ

 

・応用情報技術者…より高度な知識を身に付けたい人向け

 

ITパスポート…情報通信分野の国家試験であり、理系の知識だけではなく文系の知識も求められる

 

MOSMicrosoft Office Specialist)…パソコンを使った資料や表計算といった実技試験で、対策講座が行われている

 

FP技能士…ライフプランや資産の相談に関する専門家で、貯金や投資、保険などについての内容が問われる

 

・通関士…貿易に関する唯一の国家資格

 

TOEIC…就職活動に向けて高得点を目指す人もたくさんいる

 


取得できる資格



また近畿大学経営学部では、学科ごとに目標とする資格が設定されています。

 

以下に、近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科で取得を目指す資格をまとめてみました。

 

・社会保険労務士…企業において必要な人材に関する専門家

 

・中小企業診断士…試験に合格もしくは登録養成機関の認定履修により取得可

 

・職業訓練指導員…公共職業能力開発施設や認定職業訓練施設で訓練・指導に当たる人のことで、試験に合格するか講習を受けるか指定された学歴を持つことで取得できる

 

・司書…図書館などで資料の選択や分類、貸出業務などを行う職員で、自治体ごとの試験を受ける

 

・産業カウンセラー…養成講座を受けることで受験資格を得ることができ、試験に合格すると取得可

 

・キャリア・コンサルタント…個人の適性や経験に応じた職業選択などを行う専門家で、大学のキャリアセンターや人材派遣会社など幅広い分野で必要とされている

 

・キャリア・カウンセラー…人材に合わせた職業選択を行う専門家で、メンタル面での悩みにも対応する

 

・経営学検定…日本経営協会が実施している検定であり、経営に関する知識が問われる。初級から上級までの3つのレベルがある

 


まとめ



近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科では、人材を企業で生かすためのマネジメント能力を高めることを目標としています。

 

そのため基本的な知識から応用できる知識、個人の視点と経営の視点といった多面的なカリキュラムが組まれています。

 

講座や講演、教授に質問できる時間などが設けられており、授業の内容以上に理解を深めることができます。

 

畿大学経営学部キャリア・マネジメント学科は、人材のプロを目指している人におすすめの学科だといえるでしょう。

 


電話でお問い合わせ


≪ 前へ|近畿大学経営学部会計学科に注目!教育方針や取れる資格をご紹介   記事一覧   近畿大学理工学部生命科学科が気になる学生は注目!研究内容や特色は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約