HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 近畿大学経済学部経済学科のコースについて調べてみた

近畿大学経済学部経済学科のコースについて調べてみた

≪ 前へ|近畿大学法学部法律学科について調査してみた!   記事一覧   近畿大学経済学部国際経済学科はグローバルな視野を持った経済人を育てている!|次へ ≫

近畿大学経済学部経済学科のコースについて調べてみた

カテゴリ:学部・学科紹介(近大)

近畿大学経済学部経済学科の学生



近畿大学とは別名「マグロ大学」と呼ばれるほど、マグロの養殖に力を入れている大学です。

 

実際養殖のマグロが大学の学食に出てきたり、レストランで提供されていたりします。

 

有名人も多く輩出しており、近畿大学出身のプロ野球選手や、ボクシング選手、音楽プロデューサーなどが活躍しています。

 

関係者に有名人が多いことも近畿大学が有名になっている一因かもしれません。

 

今回はこの関西で有名な大学、近畿大学経済学部経済学科について深く見ていこうと思います。

 


近畿大学経済学部経済学科の教育方針とは


アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)



まずは近畿大学経済学部経済学科のアドミッションポリシー(入学者受入れ方針)について紹介します。

 

経済事象に興味を持ち、経済理論をもとに国や地方自治体の経済政策などについて、理論だった自分の考えを持つために必要となる基礎的な学力と強い意欲を持つ入学生を受け入れています。

 

次に近畿大学経済学部経済学科のカリキュラムポリシー(教育課程編成・実施に関する教育方針)について紹介します。

 

近畿大学経済学部経済学科は、アルフレッド・マーシャルの名言である「冷静な頭脳と温かい心」を持つ探求心あふれる経済人を育成する教育方針を掲げています。

 

このように近畿大学経済学部経済学科は入学から卒業まで一貫した独自の教育方針を設定していることがわかります。

 


メールでお問い合わせ


近畿大学経済学部経済学科で学べる2つのコース


経済学コースと経済心理学コースに分けている



近畿大学経済学部経済学科は理論・実証の両面から深い経済知識を身につけるために、経済学コースと経済心理学コースに分けています。

 

経済学コースについて4つの分野に分けて履修モデルを提示します。

 

その 経済学の理論と統計データなどを用いる計量経済学を学び、価格メカニズムや経済成長、失業発生のメカニズムなど様々な経済事象の本質を理解することができる『理論・計量分野』。

 

その2 財政学で財政と企業活動や国民生活の関係、歳出構造を考えていくことと、金融論から金融制度の仕組みと国民経済、国際経済の関係などを理解していくといった異なる視点から経済を読み解いていく『財政・金融分野』。

 

3 日本経済の発展と産業構造の発展、日本経済を支える中小企業や寡占企業にかかわる様々な問題点を分析したり、地域経済学などで産業と地域の関わりについても学んだりする『産業・情報分野』。

 

その4 日本を含むアジアやヨーロッパの国々の経済社会の発展と経済思想を学び、そこから現代の経済社会が抱える諸問題を考察し、将来の在り方を考えていく『歴史・社会分野』

 

コースの中でもさらに分野が分かれているので自分の興味関心にあった研究をすることができますね。

 

次に経済心理学コースについて紹介します。

 

実は経済心理学コースは全国でも近畿大学経済学部経済学科でしか開設しておらず、2014年に開設されたばかりですので、比較的新しいコースです。

 

ここでは行動経済学はもちろんのこと、体系的に経済心理学を学ぶことができます。

 

また、多彩な講義科目を開講しているため、学生の興味関心に応じた科目を履修することができます。

 

その多彩な講義科目の一部紹介したいと思います。

 

『基礎経済心理学』では、心理学の中でも経済に関連した経済心理学の基礎をわかりやすく学ぶことができます。

 

『実験経済学IIIでは、講義内で実験を実施して実際に受講者の行動パターンを検証することができます。

 

『行動ファイナンス』では、経済心理学のファイナンス分野への応用を学ぶことができます。

 

『実験データ分析』では、データ分析の実践的スキルを身につけることができます。

 

上記で取り上げた2コースから学生の興味関心に合わせてコースを選択することができます。

 

行動経済学や経済心理学は、まだ目新しい分野に感じるかもしれませんが、ノーベル賞受賞者も出るなど近年急成長している学問のひとつなのです。

 

近年では、経済状況が目まぐるしく変わっています。

 

そのため経済学部では幅広い専門知識を修得し、現状を正確に把握できる能力を養う必要があります。

 

また、問題解決に向けて物事を柔軟にとらえることができる視点と実践力を養うことで、ビジネスの第一線で活躍できる人材を育てようとしています。

 

近畿大学経済学部経済学科では学生のうちから優れた経済感覚を培うことができ、次世代を担う経済人に育て上げてくれるでしょう。

 


近畿大学経済学部経済学科で目指せる主な進路や資格


3つの業種が就職先として多い



最後に近畿大学経済学部経済学科で目指せる主な進路や資格について紹介いたします。

 

多くの学生が卒業後、社会人としての進路を進むのですが、主に3つの業種が就職先として多いようです。

 

1つ目の業種は知識・サービス創造部門です。

 

知識・サービス創造部門は、情報サービスや教育サービス、レジャー関連サービスなどサービス業中心の業種を指します。

 

2つ目の業種は製造業や建設業に代表される生産部門です。

 

3つ目の業種はネットワーク部門です。

 

通信業や金融業、運輸業、マスコミなどが主なネットワーク部門の業種になります。

 

これらは近畿大学経済学部卒業生の進路のほんの一例でありますが、近畿大学経済学部経済学科では幅広い進路設定がされているのがわかります。

 

次に近畿大学経済学部経済学科で目標とする資格についてお話していきたいと思います。

 

国家公務員や、地方公務員、税理士、公認会計士、販売士など幅広い資格取得を目標としています。

 

その中でも特に社会人になってから役に立ちそうな資格をいくつか紹介していきます。

 

就職にも役立つ社会人の常識の基礎知識を身につける資格は秘書検定準1級・2級です。

 

職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識を評価する国家資格はITパスポートです。

 

電子会計の利用スキルを証明する資格は日商電子会計事務検定です。

 

有名どころの資格を上げるとすれば、マイクロソフト社が認定するオフィスアプリケーションの利用スキルを証明するマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)があります。

 

これらの資格は受験資格の制限は特にないので、在学中の取得を目指せば就職活動をするときに履歴書に記載することもできます。

 

他の新卒求職者と差をつけられる素晴らしい資格ですね。

 

上記で記載した資格は目標とする資格のほんの一部ですが、どれも社会人として会社に就職してから役立ちそうな資格ばかりですね。

 

このほかにも近畿大学経済学部経済学科では、所定の単位を取得すると取得できる資格として、中学校教諭1種/(社会・英語)や高等学校教諭1種/(地理歴史・公民・英語・商業地理歴史は経済学科のみ取得可能)、司書の資格なども取得することができます。

 

そのため、卒業生の中には各都道府県の教員採用試験を受けて、学校の先生になる人もいるそうです。

 


まとめ



いかがだったでしょうか。

 

近畿大学経済学部経済学科では、独自の教育方針で学生の将来を支援してくれています。

 

自分の進路に合わせて様々なコースが選択できたり、自分の興味関心に応じた資格を目指すことができたりするのもこの大学のメリットなのではないでしょうか。

 

近畿大学経済学部経済学科の教育方針に興味を持った皆さんは是非、オープンキャンパス等に足を運んではいかがでしょうか。



電話でお問い合わせ


≪ 前へ|近畿大学法学部法律学科について調査してみた!   記事一覧   近畿大学経済学部国際経済学科はグローバルな視野を持った経済人を育てている!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約