HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 入居前に室内の傷を確認してトラブルを防止しよう!

入居前に室内の傷を確認してトラブルを防止しよう!

≪ 前へ|駅近物件の意外なデメリットとは?一人暮らしの注意点を紹介!   記事一覧   弥刀駅の住みやすさは?一人暮らしの方におすすめの理由を紹介!|次へ ≫

入居前に室内の傷を確認してトラブルを防止しよう!

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸物件に入居すると、必ず退去時に原状回復義務が発生します。

退去時にお部屋に傷や汚れがある場合、敷金から修繕費が差し引かれてしまい、返金額が大きく変わる事にもなりかねません。

今回は、退去時のトラブルを防ぐために入居前に確認すべき、お部屋の傷についてご紹介します。


入居前の室内の傷チェック


入居前に確認すべき傷の場所①:床


入居前に特に念入りに確認してほしいのが、フローリングや畳といった床部分です。

床は家具の擦れなどで前の入居者が傷つけている場合が多い箇所です。

また、足元は視線から遠い箇所なので確認が疎かになり、大家さんも気づかない傷がある事があります。

そのため、家具や家電を搬入する前にお部屋の床を全て調べて、気になる傷や汚れがある場合、写真を撮ってその場で管理会社や大家さんに報告しましょう。

床部分の修繕は高くなる事が多いので、修理費用を無駄にしないためにも念入りに確認する事をおススメします。

 

入居前に確認すべき傷の場所②:壁


基本的に壁のクロスは、前の入居者が出た後に張り替える事が多いですが、それでもしっかりと確認しておく事はトラブル防止の為にも重要です。

小さな汚れや傷、変色も見逃さないようにし、気になる所を発見したら管理会社や大家さん立会いのもと確認してもらいます。

 

確認後はすぐに修繕してもらえるのが理想ですが、それが難しい場合は、日付が分かるようにして写真を撮っておきましょう。

管理会社や大家さんにも入居前に撮った写真を渡し、契約書と一緒に大切に保管しておいてくださいね。


入居前に確認すべき傷の場所③:設備


入居前には、設備の確認も忘れてはいけません。

新築の場合は設備に不備がある事は少ないですが、築年数がある程度経過した物件や空室期間が長かったお部屋は、大なり小なり傷がついている可能性もあります。

そうすると、入居後にトラブルとなることもあるので、事前にしっかりとチェックしましょう。

 

設備で傷が付きやすい箇所は、玄関のドアや網戸・サッシ・クローゼット・押し入れなどです。

また、この時に併せて水回りの異臭や給排水の状態・電気系統の不具合などもチェックすることもオススメします。

インターホンや照明は使えるか、エアコンや給湯器は問題なく運転するかなどを確認してくださいね。


入居前の室内の傷を確認して安心する女性


おわりに


いかがでしたか?

退去時のトラブルは、意外と多いものです。

敷金の返金額と大きく関わる事なので、入居前にある傷はしっかりと確認し、管理会社や大家さんに忘れずに報告しましょう。


私共南光不動産株式会社では、一人暮らしにぴったりな物件を多数取り扱っています。

地元を知り尽くしたスタッフが理想のお部屋探しをサポート致しますので、ぜひお気軽にご相談ください。

≪ 前へ|駅近物件の意外なデメリットとは?一人暮らしの注意点を紹介!   記事一覧   弥刀駅の住みやすさは?一人暮らしの方におすすめの理由を紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約