HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸でもできる!壁掛けテレビの設置方法や注意点を解説

賃貸でもできる!壁掛けテレビの設置方法や注意点を解説

≪ 前へ|賃貸へのお引越し!荷解きにかかる時間や効率よく進めるコツは?   記事一覧   賃貸の部屋でアロマの香りを楽しみたい!おすすめの選び方は?|次へ ≫

賃貸でもできる!壁掛けテレビの設置方法や注意点を解説

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸でもできる!壁掛けテレビの設置方法や注意点を解説

昨今、テレビ台不要で設置でき、かつ部屋全体をおしゃれな雰囲気に演出できる「壁掛けテレビ」が人気を集めています。
しかし、賃貸への住まいを検討されている方、もしくはすでに住まわれている方のなかには、壁掛けテレビの設置は賃貸では難しいのでないかと諦めている方もいらっしゃるでしょう。
そのような方々に向け、今回は賃貸でもできる壁掛けテレビの設置方法と、設置する際の注意点を解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸でもできる!壁掛けテレビの設置方法とは?

基本的には壁にビス穴を開けて設置する壁掛けテレビですが、最近では、壁に穴を開けることなく取り付けられる方法が増えてきています。
たとえば、石膏ボード壁にホッチキスで金具を固定する方法があります。
普通の壁掛けテレビと変わりない見た目であるうえ、ホッチキスの針であれば取り外した際の穴も目立ちません。
さらに、強力な伸縮性ポールを使った方法では、壁の種類を選ばず手軽に設置できます。
壁を傷つける必要もないため、賃貸には大変おすすめの方法です。
ただし、強い圧力がかかることで、床と天井にポール跡が残ってしまう可能性があるため注意が必要です。
また、正確には「壁掛け風」であるため、ポールの存在が気になり満足できない方もいらっしゃるでしょう。
その他にも、壁寄せテレビスタンドを利用すれば、壁掛けテレビのように部屋をすっきりおしゃれに見せられます。
ただし、上記の方法に比べ「壁掛けテレビ感」は薄れてしまうため、人によっては物足りなさを感じる可能性も否定できません。

賃貸に壁掛けテレビを設置する際の注意点とは?

上記でも説明したように、壁に穴を開けずに設置する方法にはそれぞれ異なるメリットデメリットがあります。
賃貸に壁掛けテレビを設置する際は、そうしたメリットデメリットをしっかり理解したうえで方法を選択しましょう。
また、床や天井の強度、壁の種類などはしっかり確認し、部屋の構造に適した方法で設置することが大切です。
方法によっては耐震性に不安が残るものもあります。
特にテレビスタンドは、大きな地震の際に倒れてしまう危険性が高いため、転倒防止ワイヤーで壁に固定するなど、地震対策はしっかりおこなってください。

まとめ

ご紹介したように、壁に穴を開けずに壁掛けテレビを設置する方法はいろいろあります。
賃貸であっても、壁掛けテレビの設置を諦める必要はありません。
注意点に気を付けながら、ぜひ壁掛けテレビの設置に挑戦してみてはいかがでしょうか。
南光不動産株式会社では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。
東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸へのお引越し!荷解きにかかる時間や効率よく進めるコツは?   記事一覧   賃貸の部屋でアロマの香りを楽しみたい!おすすめの選び方は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約