HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸物件でお風呂の黄ばみが気になったら?発生原因と対策を知ろう

賃貸物件でお風呂の黄ばみが気になったら?発生原因と対策を知ろう

≪ 前へ|築年数が古い賃貸物件のデメリットとは?選ぶポイントについてもご紹介   記事一覧   弥刀駅の周辺にあるおすすめの銭湯をご紹介!|次へ ≫

賃貸物件でお風呂の黄ばみが気になったら?発生原因と対策を知ろう

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸物件でお風呂の黄ばみが気になったら?発生原因と対策を知ろう

浴室の掃除のなかでも手こずるのが、なかなか落ちない浴槽内の黄ばみだという方は多いでしょう。
とくに賃貸物件の場合は、退去時のクリーニング費用などの都合から、できる限りきれいに掃除しておきたいところです。
今回は、賃貸物件にお住まいの方に向けて、浴槽の黄ばみの原因や対策方法についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸で落としておきたいお風呂の黄ばみ!その発生の原因とは?

浴槽内でよく見られる黄ばみの原因には、次の3つが考えられます。

水垢と石鹸のカス

通常、水道水にはカルシウムなどの金属イオンが含まれています。
そのため、水道水が蒸発する際にこうした金属イオンが残留することで、白い水垢がこびりつきます。
ここに石鹸のカスやシャンプー、ボディソープなどの泡が付着し乾燥することで、水垢が黄色く変色し、頑固な黄ばみになってしまうのです。

入浴剤の着色料

濃い色の入浴剤を浴槽で使用することで、浴槽内に着色料がこびりつき、黄ばみとして現れてしまっているものがあります。

経年劣化による黄ばみ

浴槽の素材であるプラスチック自体が経年劣化により、しだいに変色してしまったケースです。

賃貸でお風呂の黄ばみを真っ白にするには?黄ばみの対策方法

浴槽を傷めず、きれいに黄ばみを落とすためには、汚れの原因ごとに対処する必要があります。

水垢と石鹸カスによる黄ばみ対策

水垢も石鹸カスも、どちらもアルカリ性の汚れであるため、これを消すためには反対の性質である酸性の物質で汚れを落とすとよいでしょう。
たとえば、酸性であるクエン酸などを水で薄め、スプレーした上からラップで密着させスポンジなどでこする、といった方法がおすすめです。

入浴剤の着色料による黄ばみ対策

着色料がこびりついてしまった際には、研磨剤や漂白剤などを使用する方法がおすすめです。
ただし、強い研磨剤やメラニンスポンジなどによる研磨は浴槽に細かなキズを生じさせ、隙間にさらなる汚れやカビが発生する可能性があるため、注意が必要です。

経年劣化による黄ばみ対策

経年劣化による黄ばみを落とすには、研磨剤の使用が方法として挙げられます。
ただし、10年以上浴槽を使用している場合は薬液などを使用しても汚れは落ちないため、浴槽の交換やコーティングを専門業者に依頼することをおすすめします。

賃貸でお風呂の黄ばみを真っ白にするには?黄ばみの対策方法

まとめ

今回は、賃貸物件にお住まいの方に向けて、浴槽の黄ばみの原因や対策方法についてご紹介しました。
黄ばみをつけないためには、日頃からこまめな掃除をおこなうことが重要です。
一方で、もし黄ばみが気になるようになってきたら、原因を見極めて、原因に合った解決策をとるとよいでしょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学周辺エリアを中心に賃貸物件を多数取り扱っております。
最上階の物件も紹介しておりますので、東大阪市の賃貸マンション・賃貸アパートをお探しなら、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|築年数が古い賃貸物件のデメリットとは?選ぶポイントについてもご紹介   記事一覧   弥刀駅の周辺にあるおすすめの銭湯をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約