HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸物件の洗面台周りが狭い!うまく収納するアイデアや注意点とは

賃貸物件の洗面台周りが狭い!うまく収納するアイデアや注意点とは

≪ 前へ|賃貸物件で表札を出さないことのメリットとデメリット!出す場合の注意点とは?   記事一覧   鍵の交換は必要になる?鍵を紛失したときの対処法とは|次へ ≫

賃貸物件の洗面台周りが狭い!うまく収納するアイデアや注意点とは

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸物件の洗面台周りが狭い!うまく収納するアイデアや注意点とは

現在居住している賃貸物件に大方満足しているものの、一部のスペースが狭くて日用品がきれいに収まらないなど、部分的にはお悩みがある方もおられるでしょう。
ここでは洗面台周りが狭い物件でもできる、きれいに収納しておしゃれに見せるアイデアや、注意点などを紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の洗面台周りが狭い!収納に役立つおしゃれなアイデア例

洗面台周辺の空きスペースに突っ張り棒を2本設置すると、洗剤やタオルなどを載せられます。
よりおしゃれに仕上げたいなら、突っ張り棒の上にカラフルなプラスチック製ダンボールを載せ、簡易的な棚を作るとよいでしょう。
また、突っ張り棒を上部にもう1本設置してカーテンを取り付けると、洗剤やタオルなどが隠れて生活感がなくなり、よりおしゃれに見えます。
突っ張り棒はさまざまなところに設置できるため、内部に棚がなく、デッドスペースが生まれやすい洗面台下の収納内に設けるのもおすすめです。
小ぶりのプラスチックケースや、ファイルボックスなども、洗面台下の収納を整理整頓してオシャレに見せるためによく活用されています。
次に、ある程度のスペースが洗面台の周囲にあれば、棚を設置するのも一つの方法です。
見た目がおしゃれで収納スペースの多い市販の棚を探してみるほか、良いものがなければ自身でDIYするのもおすすめです。
棚を置けるほどの広さがない場合、わずかな隙間に設置できる細身のメッシュラックを活用するとよいでしょう。
ラックの上部に網状の部分があり、S字フックを用いてモノをぶら下げる、スプレー類を直接ひっかけるなどできます。

賃貸物件の洗面台周りの収納を工夫する際の注意点

退去する際、個人的に設置したモノや収納などはすべて撤去せねばならないため、きれいに片づけられるグッズのみ使用してください。
撤去したあとに傷や跡が残らないか、実施する前によく検討して、相応の対策を講じることが大切です。
たとえば棚を床に置く場合、角とこすれて傷がつく、重量でへこむなどを防ぐため、マットなどを敷いてから設置するなど工夫しましょう。
カラフルなジョイントマットであれば、おしゃれな雰囲気を台無しにすることもありません。
そのほか、突っ張り棒が耐えられる重量が決まっているなど、紹介したグッズはいずれも使用方法が定まっています。
突っ張り棒で作った棚に重量オーバーのものを載せると落下し、物件を傷つける、騒音が発生するなどのリスクがあります。
グッズを使用する際には使用説明書をよく読み、正しく活用してください。

賃貸物件の洗面台周りの収納を工夫する際の注意点

まとめ

市販のグッズなどを用いたアイデアにより、狭い洗面台周りをおしゃれに見せつつ、日用品をうまく収納できます。
特別なグッズや方法は必要ないため、洗面台周りの狭さが気になっている方は、活用してみてください。
南光不動産株式会社では、近畿大学周辺エリアを中心に賃貸物件を多数取り扱っております。
最上階の物件も紹介しておりますので、東大阪市の賃貸マンション・賃貸アパートをお探しなら、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件で表札を出さないことのメリットとデメリット!出す場合の注意点とは?   記事一覧   鍵の交換は必要になる?鍵を紛失したときの対処法とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約