HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸物件で表札を出さないことのメリットとデメリット!出す場合の注意点とは?

賃貸物件で表札を出さないことのメリットとデメリット!出す場合の注意点とは?

≪ 前へ|賃貸物件の設備が破損した!知っておくべき対処法を解説   記事一覧   賃貸物件の洗面台周りが狭い!うまく収納するアイデアや注意点とは|次へ ≫

賃貸物件で表札を出さないことのメリットとデメリット!出す場合の注意点とは?

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸物件で表札を出さないことのメリットとデメリット!出す場合の注意点とは?

一人で賃貸に住むとなると、住民票を移さず、さらには引っ越しの挨拶をしない人なども大勢います。
家族での引っ越しに比べると、一人暮らしの引っ越しは身軽で必要な手続きもそこまで厳密にしている人が少ないといったイメージです。
この記事では、賃貸住まいにおける表札について解説しています。
出す・出さないに関するメリットとデメリット、注意点を見ていきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

メリットとデメリットは人によって違う?賃貸住まいで表札を出す出さない問題

賃貸での一人暮らしは、暮らし方が人によってさまざまです。
住民票を移し、完全に実家と独立して生活を送る人もいれば、生活の拠点として賃貸は利用するものの、本拠地を実家に残しておくといった人もいます。
ニュアンスの問題のようにも思いますが、事実、そうやって賃貸での生活環境を捉えている人は多いでしょう。
そこで一つ気になるのが、表札を出すか出さないかという問題です。
家族(ファミリー世帯)で引っ越しすれば、表札は出す方が多いでしょう。
しかし、一人暮らしともなるとその対応は、出す派と出さない派で半々に分かれることがわかっています。

メリットとデメリット①郵便物

表札を出すメリットに郵便物があります。
誤配達を防ぐなら、表札の設置は有効です。
表札がないことで、荷物をスムーズに受け取れない可能性があります。

メリットとデメリット②防犯

表札を出すと不特定多数の人に、個人情報を示すことになります。
女性の一人暮らしの場合、犯罪抑止の観点から表札は出さないことをおすすめします。
どのみち郵便受けに名前を出してしまっている、そもそも表札を出すのは大人の常識といった意見もありますが、メリットとデメリットはどちらかが大きいというわけでもなく、最終的には個人の判断に委ねられているのが現状です。

賃貸住まいで表札を出さない・出す場合の注意点とは?

それでは続いて表札を出す・出さない場合の注意点を見ていきましょう。
表札を出す場合の注意点は「せっかく出しているのだから表札の役割をきちんと果たすものにする」です。
たとえば、筆記体などの英字表記の表札はオシャレですが、視認性に劣ります。
表札を付ける最大のメリットである、郵便物の間違いを防ぐ目的が果たしづらくなるので注意が必要です。
また、セールスなどの勧誘も多くなる傾向にあるので、セールスお断りの貼り紙などをしておくとよいでしょう。
出さない注意点としてはご近所付き合いです。
ゴミ置き場や共有スペースで住人とすれ違う際は、積極的に挨拶を実施し、印象を良くする努力をしておきましょう。
いざというときに、顔見知りの住人がいるのといないのとでは大違いです。

賃貸住まいで表札を出さない・出す場合の注意点とは?

まとめ

一人暮らしの賃貸で表札を出す・出さないのかについて、メリットとデメリット、それぞれの注意点について見てきました。
法律や自治体のルールで明確に定められたルールではないからこそ、表札を出すか出さないかは悩みどころです。
さまざまな意見や入居する予定の賃貸のルールと照らし合わせ、出すか出さないかを決めましょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学周辺エリアを中心に賃貸物件を多数取り扱っております。
最上階の物件も紹介しておりますので、東大阪市の賃貸マンション・賃貸アパートをお探しなら、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の設備が破損した!知っておくべき対処法を解説   記事一覧   賃貸物件の洗面台周りが狭い!うまく収納するアイデアや注意点とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約