HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸物件での一人暮らし!広いお部屋に住むメリット・デメリットとは?

賃貸物件での一人暮らし!広いお部屋に住むメリット・デメリットとは?

≪ 前へ|学生の一人暮らしに変化が!コロナ禍における賃貸物件のお部屋探し   記事一覧   賃貸物件でも壁紙をチェンジできる!DIY方法やアイテムをご紹介|次へ ≫

賃貸物件での一人暮らし!広いお部屋に住むメリット・デメリットとは?

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸物件での一人暮らし!広いお部屋に住むメリット・デメリットとは?

たくさんの賃貸物件の中から一人暮らしのお部屋を選ぶ時、希望条件は様々ありますが、広いお部屋に住みたい!と考えている人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、「広いお部屋での一人暮らし」に注目し、広い賃貸物件のメリットやデメリット、広いお部屋に向いている人などについてご紹介したいと思います!

弊社へのお問い合わせはこちら

広いお部屋に住むメリット・デメリットとは?

一人暮らし向けの賃貸物件でも、1LDKなどの広いお部屋は多くあります。
具体的に広いお部屋とは、どのくらいの大きさを指すのでしょうか。

1DKと1LDKの違いと専有面積

居室とは別のキッチンスペースが4畳半以上の間取りを1DK、居室とは別に8畳以上の広さのリビング・ダイニング・キッチンがある間取りのことを1LDKといいます。
専有面積で言うと、一般的なワンルームは20㎡前後なので、これ以上の広さがある場合は広いお部屋という事になります。

広いお部屋での一人暮らしのメリット・デメリット

広いお部屋には次のようなメリットがあります。

居住スペースを使い分けることができる

お部屋が広いと、就寝スペースと食事のスペースなどを使い分けることができます。
特に1LDKの場合、居室は寝室として使用し、LDKを食事やくつろぎのスペースとして使う場合が多いようです。

収納や家具の配置に困らない

広さがある分備え付けの収納も比較的多めに取られているので、衣服等の収納にも余裕ができます。
また、ベッドやソファといった家具もある程度余裕を持って配置できるので、生活空間にゆとりが生まれます。

キッチンが広い

一般的なワンルームや1K、1DKの賃貸物件と比較するとキッチンが広く、コンロが2~3口ある場合もあり、調理スペースも広さを確保できます。

人を呼びやすい

やはり広さがある分、人を呼んでも窮屈感が少なくくつろげるでしょう。
また、デメリットには次のような事柄が挙げられます。

家賃が高い傾向にある

他の条件が同じレベルの賃貸物件と比較すると、家賃相場は高めとなってしまいます。

光熱費が高くなる

広さによって空調効率が悪くなるので、その分電気料金も高くなります。
また、照明器具の数や生活家電も増えるため、電気代に多少反映されてしまいます。

掃除が面倒

面積が広いとその分掃除する手間や時間がかかります。
広さだけでなく家具家電が増えることでほこりや汚れも増え、狭いお部屋よりも掃除が面倒になります。

広いお部屋での一人暮らしに向いている人とは?

上記のようなメリット・デメリットより、1LDKなどの広い賃貸物件での一人暮らしに向いているのは、自宅での生活にメリハリをつけ、ある程度ゆとりのある空間で過ごしたい方に向いていると言えます。
荷物や持ち物が多い人、大きめの家具を置きたい人にも向いているでしょう。
掃除や自炊の家事をしっかりできる人またはしたい人にも向いていると言えますね。
また、家賃が多少高くても大丈夫という人でないと継続して住み続けるのが難しいので、経済的な面で考慮しましょう。

広いお部屋での一人暮らしに向いている人とは?

まとめ

広いお部屋での一人暮らしは魅力的ですが、それなりにデメリットもあります。
メリットデメリットをよく把握して、自分のスタイルに合った物件に住むとよいですね。
南光不動産株式会社では、近畿大学付近で賃貸物件を探している学生さん向けの賃貸情報を多数ご紹介しております。
一人暮らしをする際のお部屋探しはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|学生の一人暮らしに変化が!コロナ禍における賃貸物件のお部屋探し   記事一覧   賃貸物件でも壁紙をチェンジできる!DIY方法やアイテムをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約