HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > オートロック付き賃貸はメリットばかり?物件選びのポイントとは

オートロック付き賃貸はメリットばかり?物件選びのポイントとは

≪ 前へ|賃貸暮らしの学生が気を付けたい帰省中の防災・防犯対策   記事一覧   近畿大学とフェリシモのコラボグッズが登場!近大マグロクッションの魅力|次へ ≫

オートロック付き賃貸はメリットばかり?物件選びのポイントとは

カテゴリ:お役立ち情報

オートロック付き賃貸はメリットばかり?物件選びのポイントとは

賃貸を選ぶとき、防犯面は重要なポイントの一つです。
特に女性の方や一人暮らしの方にとっては、賃貸物件のセキュリティを意識して、オートロックの物件を優先的に選ぶ人もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、オートロック付きの物件について、そのメリットデメリット、内見時に気を付けたいポイントなどをご紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

オートロック付きの賃貸のメリットデメリットとは

そもそもオートロックとは、一般的に物件の共有部分であるエントランスに設置され、自動的に施錠をおこなうセキュリティシステムのことです。
建物に入るには、中にいる住民が開錠するか、鍵や暗証番号、指紋認証などが必要となり、住民以外の立ち入りが難しいという利点があるでしょう。
そのため、空き巣や不審者の侵入を防ぐことができるので防犯上優れているといわれています。
特に空き巣に関しては、エントランスのドアと自宅のドアの二つの工程がかかるので、他物件に比べて時間がかかるため、オートロック物件を避ける傾向にあります。
また、部屋の中にいながらインターフォンやモニターを通して訪問者の姿を確認することができるので、押し売りや新聞の勧誘、訪問販売などを断りやすいというのも利点の一つです。
一方デメリットというと、必ずしも住民以外誰も入ってこられないというわけではない、という点が挙げられます。
オートロックだから、という安心感から油断しがちですが、住民や配達員の後ろからついてきて侵入するなど、部外者が侵入する可能性もゼロではありません。
また、オートロックがない物件に比べて家賃が割高になってしまう点もデメリットの一つです。
さらに、鍵を家に忘れたときには締め出されてしまい、万一紛失した場合はエントランスと他の住民のもつ鍵を交換する必要があり、費用を請求されるケースもあるので注意が必要です。

オートロック付き賃貸のデメリットを避けるためには?内見のときに見ておきたいポイント

内見というと部屋の中に意識が向きがちですが、オートロックだからと安心せず物件の外見にセキュリティ上不備がないか確認することをおすすめします。
たとえばオートロック付き賃貸でも、非常階段の塀となっている部分が低いと、そこから侵入される可能性があります。
物件によっては勝手口がついていることもあるので、確認を兼ねて物件の外周を確認しておくといいかもしれません。
エントランスや勝手口の施錠の状態を見ておくことで、他の住民の防犯意識を確認できるので、自分の目で見ておくことをおすすめします。
また、監視カメラや管理人の有無も防犯上安心できる要素の一つです。
カメラや管理人が常駐する物件の家賃は割高になる傾向がありますが、その分安心感は高くなります。

オートロック付き賃貸のデメリットを避けるためには?内見のときに見ておきたいポイント

まとめ

今回は、オートロック付きの物件について、そのメリットデメリット、内見時に注意したいポイントを紹介いたしました。
セキュリティ面を心配するのであれば、オートロックがついていれば大丈夫と安直に考えず、実際に住んだ際問題点がないかどうか考えることが重要です。
一つの条件だけでなく、さまざまな側面から住みやすさを検討することをおすすめします。
南光不動産株式会社では、近畿大学周辺エリアを中心に賃貸物件を多数取り扱っております。
最上階の物件も紹介しておりますので、東大阪市の賃貸マンション・賃貸アパートをお探しなら、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸暮らしの学生が気を付けたい帰省中の防災・防犯対策   記事一覧   近畿大学とフェリシモのコラボグッズが登場!近大マグロクッションの魅力|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約