HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 寒い季節に暖まりたい!一人暮らしのこたつの選び方

寒い季節に暖まりたい!一人暮らしのこたつの選び方

≪ 前へ|日本初の試み!近畿大学の電動キックボード有償シェアリングサービス   記事一覧   新型コロナウイルス対策支援!近畿大学が寄贈した近大マスクとは?|次へ ≫

寒い季節に暖まりたい!一人暮らしのこたつの選び方

カテゴリ:お役立ち情報

寒い季節に暖まりたい!一人暮らしのこたつの選び方

寒い冬が近づき暖かいこたつが恋しい季節がやってきました。
一人暮らしでこたつを購入するときは、サイズや機能など選び方のポイントはあるのでしょうか。
今回は近畿大学に在学中の学生さんにむけて、こたつのメリットデメリットと一人暮らしでのこたつの選び方をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

一人暮らしのこたつの選び方!こたつのメリットデメリットは?

こたつの選び方をご紹介する前に、一人暮らしでこたつは必要なのか悩んでいる方のためにまずはこたつのメリットデメリットをご紹介します。
こたつのメリットはなんといっても暖かいところ、そして省エネになるところです。
こたつは部屋全体を暖めるエアコンやヒーターと比較しても電気代が安く経済的です。
一人暮らしでは部屋全体よりも自分の周りを暖めたいことが多いので、こたつは最適ですね。
エアコンなどと違って空気が乾燥しないので、インフルエンザや風邪など感染症対策にもなります。
また石油ストーブなどと比較すると空気も汚れず、いやなニオイなどもないのもポイントです。
燃料を使用せずに電気式なので、火事の心配もゼロではありませんが比較的少ないでしょう。
一方でデメリットは、こたつで眠ってしまうと脱水や風邪などの体調不良につながるところです。
一人暮らしだとついついこたつで寝てしまうことも多くなりやすいですよね。
またこたつ内部は温度が高いのでこたつ布団はダニが繁殖しやすいところも気をつけたいデメリットです。

一人暮らしでのこたつの選び方!サイズや機能は?

次にサイズや機能面などに注目してこたつの選び方をご紹介します。
一人暮らしの住まいでおすすめなのはコンパクトサイズのこたつです。
こたつを置くことで部屋を狭く感じさせないように幅は60センチ程度のものがおすすめです。
テーブルの形は正方形や長方形、円卓タイプもありますが、正方形の方がよりコンパクトです。
また一人暮らしの物件では収納スペースに限りがあることも多いので、冬以外はふとんを外せば普通のテーブルとして使用できるタイプが良いでしょう。
冬のみ使用するのであれば、こたつの足を畳めるタイプもコンパクトに収納できるのでおすすめです。
テーブルの足を調整して高さを変更できるものもあります。

一人暮らしでのこたつの選び方!サイズや機能は?

まとめ

今回は近畿大学に在学中の学生さんにむけて、こたつのメリットデメリットと一人暮らしでのこたつの選び方をご紹介しました。
一人暮らしのこたつの選び方は、部屋や収納スペースを圧迫しないサイズや機能を重視するところがポイントです。
まずはこたつを購入するべきかメリットデメリットを考慮して検討してみましょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。
東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|日本初の試み!近畿大学の電動キックボード有償シェアリングサービス   記事一覧   新型コロナウイルス対策支援!近畿大学が寄贈した近大マスクとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約