HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 住民は全員女性!賃貸の女性専用マンションのメリットや注意点について

住民は全員女性!賃貸の女性専用マンションのメリットや注意点について

≪ 前へ|一人暮らしだからこそ! 2Kの間取りのメリットとは!?   記事一覧   1LDKで一人暮らしをする時におすすめしたい間取りとは?|次へ ≫

住民は全員女性!賃貸の女性専用マンションのメリットや注意点について

カテゴリ:お役立ち情報

物騒な世の中、初めての一人暮らしに何かと不安を感じる女性や親御さんも多いことでしょう。

 

ストーカーや近隣の男性住民とのトラブルをできるだけ回避したいと考えた時、女性専用マンションは有効な対策の一つといえるでしょう。

 

女性専用マンションとはいったいどういった賃貸物件なのでしょうか?

 

そのメリットや注意点に関して、ご説明したいと思います。


女性の一人暮らし部屋

 

女性専用尾マンションにはセキュリティがしっかりしている物件が多い


女性専用を売りにしているマンションの多くは、一般的な賃貸物件よりもセキュリティを強化しています。

 

オートロックや防犯カメラ、合いカギを作るのが難しいディンプルキーや二重施錠などを取り入れていることが多いです。

 

また管理人が常駐しているマンションも多く、エントランスの受付業務のほかに、建物巡回などをして不審者の侵入を防いでいます。

 

各賃貸物件によってセキュリティの状態は異なりますので、どのような設備を備えているのか、管理人は24時間常駐か日中のみか、問合せて確認してみる必要があります。

 

女性専用マンションのメリットは?内装がオシャレでキレイ!


女性専用マンションでは内装をオシャレにしていたり、フローリングの色や照明、壁紙などがセンス良く仕上がっている部屋が多くあったりと、女性に好まれるように工夫されている物件が多数あります。

 

また2口コンロのキッチンや広めのクローゼットなど、女性に寄り添った設備を取り入れている物件も多く、使い勝手も良いでしょう。


女性専用マンションのデメリットは?家賃が割高


しっかりしたセキュリティ対策、オシャレで使いやすい内装を備えている分、当然家賃は割高になります。

 

また女性専用の賃貸物件はそれ程多くなく、条件に合う物件を見つけることが難しいのも事実です。

 

条件に見合った物件でも、通勤や通学に時間が掛かり過ぎてしまう場合は負担になってしまうこともあります。

 

女性専用マンションの注意点は?物件によって規約が異なる!


「女性専用」の範囲がどこまでかは各賃貸物件によって異なります。

 

例えば事前に管理人に連絡していれば男性家族は入室可という物件もあれば、家族であろうと男性の入室は不可という物件もあります。

 

マンションによって規約が異なりますので、事前によく確認してトラブルにならないように配慮しましょう。


注意点

 

まとめ


基本的には一般の賃貸物件よりもセキュリティがしっかりしている女性専用マンション。

 

とはいえ、女性専用マンションに住めば安心というわけではありません。

 

賃貸物件を探す際には、最寄り駅からマンションまでのルートに暗い道や、治安の悪い場所がないかの注意も必要です。

 

また、万一の際に駆け込める交番やコンビニが近くにあるかどうかもポイントになります。

 

全体の状況をよく把握して物件選びをするようにしましょう。

 

私たち南光不動産株式会社では、賃貸物件を豊富に取り揃えております。

 

女性専用マンションも取り扱っておりますので、女性専用マンションを検討されている方はぜひ、当社までお気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|一人暮らしだからこそ! 2Kの間取りのメリットとは!?   記事一覧   1LDKで一人暮らしをする時におすすめしたい間取りとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約