HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 一人暮らしだからこそ! 2Kの間取りのメリットとは!?

一人暮らしだからこそ! 2Kの間取りのメリットとは!?

≪ 前へ|なんで必要なの? 賃貸契約における緊急連絡先の意味とは!?   記事一覧   住民は全員女性!賃貸の女性専用マンションのメリットや注意点について|次へ ≫

一人暮らしだからこそ! 2Kの間取りのメリットとは!?

カテゴリ:お役立ち情報

初めて一人暮らしを始める皆さん!

 

「一人暮らしならワンルームや1」と思い込んでいませんか?

 

実は一人暮らしだからこそ、2Kの間取りが生活しやすいことも。

 

今回は一人暮らしをする方に2Kがオススメのワケをご説明します。


賃貸物件


一人暮らしに2Kの間取りがオススメのワケ 2Kってどんな間取り?


2K」とは2つのお部屋に、K=キッチンが付いた間取りです。

 

みなさんがよく探している1Kにもう1つ部屋がついた形になります。

 

現在ではあまり見かけませんが、昔はよくあった間取りなんです。

 

和室が一般的だった時代、=リビングルームやD=ダイニングルームという概念はありませんでした。

 

よって台所の設備がある部屋が食事をしたりくつろいだりする場所、もう一方の部屋が寝室、とLRが混合していたのです。

 

欧米式の生活が広まってからは2LDK3LDKなどの間取りが主流となっていきました。

 

しかし現在でも、2Kの間取りの建物は数多く残っているのです。

 

一人暮らしに2Kの間取りがオススメのワケ メリットとは?


2Kの間取りでは一人暮らしにとってどんなメリットがあるのでしょうか。

 

1つ目は、家賃が安いことです。

 

Kの間取りの家は比較的築年数が経っているものが多く、その分家賃も安くなります。

 

よって新築のワンルームや1Kの間取りの物件よりも、スペースが大きい2Kタイプの物件が安い場合もあります。

 

2つ目のメリットは、一人暮らしでも2つの部屋を使えるということです。

 

広さによっては、1つの部屋でベッドやテレビなどの家具家電を十分に設置できるかもしれませんね。

 

では、もう1つの部屋はどのように使えばよいのでしょうか?

 

よくあるケースとしては、収納スペースとして活用することです。

 

ワンルームや1Kだと収納スペースも限られています。

 

生活スペースまで荷物が侵入し、なんだか窮屈…なんてことも。

 

2Kであれば、生活スペースと収納スペースをきちんと分けられ、快適に生活することができます。

 

また自身の趣味や書斎スペースとして活用することもできます。

 

学生さんであれば勉強机や本棚を置いて勉学に集中できる環境を作れますし、映画やドラマ鑑賞が好きという方はプロジェクターを設置するのもいいですね。

 

誰にも邪魔されない自分だけの特別な空間を作れるのも、一人暮らしならではの魅力ですよ。

 

このようにメリットの一方、築年数が経過し、設備もやや老朽化している物件もあります。

 

契約前にきちんと不動産会社に情報を確認したり、内見でチェックをしたりして、物件を選ぶようにしましょう。


一人暮らしの部屋

 

まとめ


いかがでしょうか。

 

Kの間取りの建物は比較的家賃も安く、用途によってさまざまな使い道があります。

 

一人暮らしに向けて物件探しをしている方は、ぜひ2Kも検討してみてくださいね。

 

南光不動産株式会社では、東大阪市を中心に賃貸物件を多数ご用意しております。

 

一人暮らしのお部屋探しに関するご相談は、ぜひ南光不動産株式会社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|なんで必要なの? 賃貸契約における緊急連絡先の意味とは!?   記事一覧   住民は全員女性!賃貸の女性専用マンションのメリットや注意点について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約