HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸物件を探す時に注意したいバイク置き場 保管方法やスペースは大丈夫?

賃貸物件を探す時に注意したいバイク置き場 保管方法やスペースは大丈夫?

≪ 前へ|近畿大学が運営する新しいキュレーションサイト Kindai Picksとは   記事一覧   病気・配線・虫…一人暮らしでよくある困ったことをご紹介!|次へ ≫

賃貸物件を探す時に注意したいバイク置き場 保管方法やスペースは大丈夫?

カテゴリ:お役立ち情報

バイクを所有している、または今後所有したいと考えている人にとって、住む物件にバイクを停めるスペースがあるかは重要な問題です。

 

バイク置き場付きの賃貸物件を探すのは意外と難しく、入居前にしっかり確認しておかないと違反になってしまうケースもあります。

 

今回は、バイクを持っている人がこれから一人暮らしを始める時や、引越し後にバイクを購入予定の場合に注意したい点をご紹介します。


バイクに乗って出かける一人暮らしの女性


「駐輪場付き」でもバイク置き場とは限らない


賃貸物件を探す際に、「駐輪場付き」となっている物件は少なくありません。

 

ですが、その多くは自転車を停めるためのスペースを指し、必ずしもバイクが停められるわけではないので注意が必要です。

 

そのためお部屋探しの際には、あらかじめバイクを持っていることや今後買う可能性があることを不動産会社の担当者に伝えておくようにしましょう。


賃貸物件によってはバイク置き場に置けないバイクもある


賃貸物件によっては、バイクを置くスペースはあるものの、車種や排気量によって制限がかかる場合もあります。

 

規定を守らないと違反の対象となってしまうため、入居前に所有しているバイクの車種や排気量を確認しておく、または入居後にバイクを購入する場合は、改めてルールを確認する必要があることを頭に入れておきましょう。


賃貸のバイク置き場を確保できたらしっかりと防犯対策を!


駐輪場に停めたバイク


駐輪場にバイクを置いていい場合は、自転車と一緒に置くのが一般的です。

 

また、駐輪場はNGでも、駐車場をバイク置き場代わりに使える場合もあります。

 

いずれにしても、ガレージなどではなく屋外で保管するケースがほとんどのため、バイクを傷や盗難から守るための対策が必要になります。

 

バイクには専用のカバーが売っており、ホコリや砂、雨から車体を守ってなるべくいい状態で保管するためにも、ぜひ利用することをおすすめします。

 

また、バイクの盗難被害は意外と多いため、屋外に保管する場合は必ずロックをかけること、できればしっかりしたものを二重でかけておくと安心です。

 

さらに、GPSを取り付けるという方法もあり、バイクの位置を確認するだけでなく盗難された際に相談に乗ってくれるサービスもあります。

 

大丈夫だろうと軽く考えず、しっかりと対策を行うようにしましょう。


まとめ


行動範囲が広がって便利なバイクですが、所有するには、保管場所や保管方法にも気をつける必要があります。

 

大事な愛車をしっかりと守って、快適な新生活を始めましょう。

 

バイクに乗っている、またはこれから買う予定がある学生の方が東大阪市で一人暮らしを始めるなら、お気軽に南光不動産株式会社までお問い合わせください

≪ 前へ|近畿大学が運営する新しいキュレーションサイト Kindai Picksとは   記事一覧   病気・配線・虫…一人暮らしでよくある困ったことをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約