HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 一人暮らしでロフトは必要?

一人暮らしでロフトは必要?

≪ 前へ|近畿大学生が愛するワンコインランチが食べられるお店2選+1   記事一覧   新大阪間にできた衣摺加美北駅ってどんなところ?|次へ ≫

一人暮らしでロフトは必要?

カテゴリ:お役立ち情報

 

ロフト付き賃貸ってオシャレで誰でも一度は憧れたことがあると思います!

 

これから一人暮らしを始めよう!という時、必ず目にするロフト付き賃貸。

 

ただ本当に必要なんでしょうか?

 

ロフトにはどんなメリットデメリットがあるのかご存知でしょうか?

 

オシャレに見えますが実は良いことばかりではないみたいです。

 

ロフト付き賃貸の特徴についてご紹介します。


賃貸物件のロフト

 

ロフト付き賃貸のメリット

 

●収納スペースが増える

 

普段の生活空間とは別に収納スペースを設けることができます。

 

趣味がサーフィンやスノーボード、キャンプなどで物を置くスペースが必要な場合は保管場所として使用できます。

 

普段は目にすることがないところに保管できるので、生活空間を広くすることが出来ます。

 

また洋服や靴をたくさん持っていて収納スペースが必要な方にもオススメです。

 

●突然の来客にも対応しやすい

 

突然の来客時に一時的に物を避難させることができます。

 

普段からロフトは綺麗にしておくなどと決めておけばいつ人が来ても大丈夫ですね!

 

誰かがお泊りする場合でも両方に布団が敷けるので、窮屈な思いをすることはありません。

 

●部屋が広く見える

 

基本的にロフト付き賃貸はロフト下のスペースが狭くならないよう、天井が高めに設定されています。

 

吹き抜けと同じような設計で広々とした印象になります。

 

●洗濯物が部屋干ししやすい

 

ロフトスペースを洗濯物置場として活用することができます。

 

ロフトに行くためのはしごや階段は洗濯物を設置させやすいです。

 

一人暮らしの洗濯物の量であれば、部屋干しでも十分でしょう。

 

●自分だけの趣味部屋に

コレクション部屋、読書部屋、映画部屋など、その使い方は自由自在です。

 

誰にも邪魔されず趣味に没頭することが出来ます。


趣味部屋にしているロフト

 

ロフト付き賃貸のデメリット

 

●ロフトスペースが暑い

 

夏場は窓がないとロフトに熱がこもって、部屋に比べて気温が上がります。

 

ロフトで寝る場合は温度調節が重要です。

 

冬は逆に暖かく過ごせますよ。

 

●はしごの上り下りと騒音問題

 

アクションを起こす度わざわざはしごに上らなければいけないと手間があります。

 

寝床にしている場合、眠くなった時にすぐ横になることができないのは少し不便ですよね。

 

またはしごの上り下りが各世帯で行われるので騒音が気になる場合があります。

 

●掃除が大変

 

すぐにほこりが溜まるので、汚れがちです。

 

こまめな掃除をしないと綺麗に保つことは難しいので、初めて一人暮らしをされる方には大変かもしれません。

 

まとめ

 

見た目がオシャレなロフト付き賃貸。

 

メリットデメリットはご理解頂けたでしょうか?

 

オシャレで実用性もありますが、使いづらく、そもそも使わないこともあります。

 

せっかくの一人暮らし、自分の理想のお部屋に住みたいですよね!

 

一人暮らしの物件選びはどれくらいの荷物を持っていくのか?ロフトをどう使うか?検討しておくと良いでしょう!

 

南光不動産株式会社では、ロフト付き物件はもちろん、様々なタイプのお部屋をご用意しています。

 

お引越しや物件探しの際には、南光不動産株式会社までお気軽にお問い合わせ下さい。 

≪ 前へ|近畿大学生が愛するワンコインランチが食べられるお店2選+1   記事一覧   新大阪間にできた衣摺加美北駅ってどんなところ?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約