HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > カウンターキッチンは必要?はじめてのお部屋探しの検討ポイント

カウンターキッチンは必要?はじめてのお部屋探しの検討ポイント

≪ 前へ|ロフトって便利?はじめてのお部屋を探す方向けのロフト紹介   記事一覧   東大阪市で物件をお探しの方へ!花園ラグビー場が大改修|次へ ≫

カウンターキッチンは必要?はじめてのお部屋探しの検討ポイント

カテゴリ:お役立ち情報

一人暮らしを始めることになり賃貸物件を探す際、キッチンはどうしようそんな時、検討することになるのがカウンターキッチンでしょう。

 

最近の賃貸住宅では対面式のキッチンが主流になっており、カウンターキッチンはその1パターンです。

 

賃貸でも人気の高いカウンターキッチンですが、本当に必要なのでしょうか?

 

メリットとデメリットを見てみたいと思います。

 

カウンターキッチンとは


カウンターキッチン付け賃貸物件


カウンターキッチンとは対面式のキッチンの1種で、キッチンと部屋スペース(多くはリビング、ダイニング)との間にカウンターがあるタイプを言います。

 

最近の賃貸では、ほとんどが対面式キッチンになっています。

 

カウンターは後から追加することもできますが、賃貸の場合は最初から据え付けのものを使うことになるでしょう。

 

カウンターキッチンのメリット


対面式のキッチンは、家族の様子を見ながら料理をすることができます。

 

特に小さい子供さんがいる場合、これは大きいでしょう。

 

テレビを見たりしながら料理をしやすい、というのもメリットとして挙げていいかもしれません。

 

対面式では調理中もキッチンの中が外から丸見えになりますが、カウンターが付くことで、手元が少し隠れることになります。

 

あまり手元を見られたくないという方には、この「隠れる」というのがメリットになるでしょう。

 

また、カウンターがあることで出来上がったお料理を一時的に置いたり、渡しやすくもなります。

 

調理をする人から見て前後にスペースができるので、物を置いたりするスペースが広がるのもメリットです。

 

カウンターキッチンのデメリット


カウンターキッチン付け賃貸物件


カウンターキッチンと言うより対面式キッチンのデメリットになりますが、最後に上げたメリットの逆で、キッチンは広くなる分、一体化しているリビングやダイニングのスペースはその分狭くなることになります。

 

部屋とキッチンの間に仕切りが無く一体化しているため、キッチンが別になっている場合と比べると、調理中の匂いや香りが部屋全体に広がってしまいます。

 

また、料理をしているところが常に外から見られることになります。

 

カウンターがある場合だと手元は少し隠れるとは言え、人によってはデメリットと感じられるかもしれません。

 

まとめ


カウンターキッチン、および対面式キッチンが必要かどうかは、一人暮らしか家族で住むかによっても変わってきます。

 

ご紹介しましたように、どちらかと言うと調理する人と食事をする人=同居する人との関係に配慮した機構と言えるでしょう。

 

調理する空間とくつろぐ空間を一体化することで調理する人の孤独感を和らげる、そんな意味合いを帯びた機構なのです。

 

賃貸で一人暮らしでも友人などをよく招いたり、みんなでわいわいするのが好きな方であれば、ぜひ検討すべき機構と申し上げていいでしょう。

 

南光不動産株式会社では、近畿大学生向けの賃貸物件を多数取り扱っております。

 

また、カウンターキッチン付き物件も多数取り扱っておりますので、お気軽に当社スタッフまでお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|ロフトって便利?はじめてのお部屋を探す方向けのロフト紹介   記事一覧   東大阪市で物件をお探しの方へ!花園ラグビー場が大改修|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約