HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸物件がペット不可である理由や飼育するための交渉方法を解説!

賃貸物件がペット不可である理由や飼育するための交渉方法を解説!

≪ 前へ|シェアハウスとはどのような賃貸物件?家賃や住むメリットを解説!   記事一覧   人と対面せずに賃貸借契約ができる?IT重説のやり方や注意点について解説!|次へ ≫

賃貸物件がペット不可である理由や飼育するための交渉方法を解説!

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸物件がペット不可である理由や飼育するための交渉方法を解説!

ペットが好きな方にとっては、ペットは家族の一員のようなものです。
しかし、賃貸物件ではペットの飼育を禁止しているところが多く、疑問を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、賃貸物件がペット不可である理由と、賃貸物件でもペットと一緒に暮らすための交渉方法を詳しくご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件がペット不可である理由

賃貸物件でペットの飼育が禁止されている理由は、退去するときに原状回復が困難だからです。
ペットを飼うことによって、壁・床に傷やしみがついたり、部屋中にペットのにおいが残ったりしてしまうことがあります。
飼い主であればご自分のペットによる汚れは気にならないかもしれませんが、貸主は次の入居者のためにお部屋を元のきれいな状態に戻さなければなりません。
原状回復に敷金以上のお金がかかってしまうこともあるため、ペット不可にしてしまったほうが手間がかからないのです。
また、ペットの鳴き声は他人にとっては騒音となってしまう場合もあり、入居者同士でトラブルになりかねません。
こういった理由から、賃貸物件ではペット不可にしているところが多いのです。

ペット不可の賃貸物件でも交渉次第でペットを飼える可能性も

賃貸物件でも、交渉次第ではペットを飼える可能性があります。
交渉を成功させるポイントは、まず入居前にペットの飼育を許可してもらえないかお願いすることです。
契約書にサインするとすべての条件に同意したことになるため、交渉の余地がなくなってしまいます。
大家さんにとって最大の懸念は原状回復が可能かどうかなので、敷金やハウスクリーニング費用を多めに支払うことで、ペットの飼育を許可してもらえることもあるでしょう。
敷金の増額を申し出ても断られた場合は、家賃の増額という切り札があります。
家賃を数千円上乗せすることでペットを許可してもらえるかもしれませんが、支払いは毎月かかってしまうため、まずは自分が支払える額なのかよく考えて交渉に臨みましょう。

ペット不可の賃貸物件でも飼える動物は?

ペット不可の賃貸物件でも飼える動物については、賃貸借契約書に細かく記載されている場合があります。
たとえば、ハムスターや爬虫類、鳥類など、明らかに近隣に迷惑をかけない動物であれば飼えることもあります。
しかし、「明らかに近隣に迷惑をかけない」というのは、人によって解釈が異なるため、独断で飼うのはおすすめできません。
ペットの種類を問わず必ず事前に相談し、貸主の許可を得たうえで飼うようにしましょう。

まとめ

賃貸物件でペット不可とされているのは、原状回復が困難であることや、鳴き声などによる近隣トラブルを回避するためです。
ただし、入居前の交渉次第では許可してもらえる可能性もあります。
たとえ近隣に迷惑をかけない動物を飼う場合でも、事前に貸主に相談して許可を得てからにしましょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学付近で賃貸物件を探している学生さん向けの賃貸情報を多数ご紹介しております。
一人暮らしをする際のお部屋探しはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|シェアハウスとはどのような賃貸物件?家賃や住むメリットを解説!   記事一覧   人と対面せずに賃貸借契約ができる?IT重説のやり方や注意点について解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約