HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 一人暮らしの防音対策!自分でできる防音対策のポイントとは?

一人暮らしの防音対策!自分でできる防音対策のポイントとは?

≪ 前へ|近畿大学販売の近大マンゴーの特長、近大マンゴーを栽培している湯浅農場の概要とは?    記事一覧   賃貸を探している近畿大学生に知って欲しい!敷金礼金なしで契約する物件について|次へ ≫

一人暮らしの防音対策!自分でできる防音対策のポイントとは?

カテゴリ:お役立ち情報

一人暮らしの防音対策!自分でできる防音対策のポイントとは?

生活する上で問題になる「騒音トラブル」。
一人暮らし用賃貸物件にお住まいの方は、防音対策を把握しておく必要があります。
こちらの記事では、近畿大学在学中の学生向けに一人暮らしの防音対策についてご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

一人暮らしの防音対策!騒音トラブルに繋がりやすい生活音とは?

生活音は、少しの隙間から漏れたり、壁の薄さに起因したりします。
ここでは、騒音トラブルに繋がりやすい生活音についてご紹介します。

●自分の足音やドアの開け閉め
●洗濯機を使っている時やシャワーを浴びている時の音
●友達が一人暮らしの部屋に来た時の話し声


あるいは、テレビの音や好きな曲の音も注意する必要があります。

一人暮らしの防音対策!自分でできる防音対策やポイントとは?

ここでは、自分でできる防音対策やポイントについてご紹介します。
特に、隣の部屋との境界の壁は注意する必要があります。
賃貸物件の中には、可能な限り部屋の生活音が隣の部屋に聞こえないように、隣の部屋との境界の壁が収納であったり、水回りの風呂場やキッチンなど同士が接していたりするようなものもあります。
このような賃貸物件でなければ、家具や本棚を壁一面に置くなど考えて、生活音が可能な限り漏れないようにすることがポイントです。
床の音としては、物が落ちた音、走ったり歩いたりする音などがあります。
このような音は、主として下の階に伝わるイメージがあるでしょうが、隣の部屋にも実際には伝わります。
賃貸物件の中には、吸音性のクッションフロアに床がなっているところもありますが、フローリングが一人暮らしのワンルームでは多くなっています。
フローリングの床は人気になっていますが、硬い表面で音が非常に響くため、柔らかいラグマットというようなものを部分的に敷くなどが必要です。
窓の防音対策は多くの賃貸物件では行われていませんが、音は壁や床だけでなく窓からも伝わります。
窓の防音対策は、可能な限り隙間を塞いで厚いカーテンを設けることがポイントです。
隙間が窓のサッシの周りにある時は、隙間をテープなどで塞いだ後に遮音カーテンを取り付けましょう。
部屋の全てのドアや窓を締め切って、換気扇を回して風が入る箇所を探して、その箇所を塞ぎましょう。

一人暮らしの防音対策!自分でできる防音対策やポイントとは?

要チェック|敷金礼金0円物件特集です!

まとめ

以上、自分でできる一人暮らしの防音対策についてご紹介しました。
ご紹介した対策方法を活用すれば、少なからず効果はあるでしょう。
あまりにも騒音がひどい場合には、大家さんや管理会社に相談するようにしましょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学付近で賃貸物件を探している学生さん向けの賃貸情報を多数ご紹介しております。
一人暮らしをする際のお部屋探しはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|近畿大学販売の近大マンゴーの特長、近大マンゴーを栽培している湯浅農場の概要とは?    記事一覧   賃貸を探している近畿大学生に知って欲しい!敷金礼金なしで契約する物件について|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約