HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸の更新料とは?支払い義務や注意点をご紹介!

賃貸の更新料とは?支払い義務や注意点をご紹介!

≪ 前へ|一人暮らしに最適な広さは?ポイントは畳数ではなく専有面積?   記事一覧   大阪樟蔭女子大学の学生さん必見!周辺の住みやすさをご紹介! |次へ ≫

賃貸の更新料とは?支払い義務や注意点をご紹介!

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸物件を契約すると、敷金・礼金といった初期費用や家賃なども毎月の固定費以外にも、更新料という名目の費用が発生する事があります。

しかし、その金額は決して安くないので、出来れば払いたくないと思う方もいるのではないでしょうか。

今回は、更新料の意味や支払い義務、注意点についてお話しします。

 

賃貸の更新料とは①:何のために払うのか


更新料について

 

更新料とは、賃貸物件の契約期間を更新する際に発生するお金です。

賃貸物件を契約する際には契約期間が定められており、一般的には1年もしくは2年契約のケースが多くみられます。

この期間を満了すると、契約を更新するか解約して退去するか決めなければならず、更新する場合は家賃のおよそ12ヶ月分の費用を支払わなければなりません。


また、更新料は大家さんへ支払うお金ですが、それ以外にも手続きを担当する管理会社へ支払う更新手数料や、契約更新に合わせて新たな火災保険料の支払いがかかることも。

そのため、賃貸契約を更新する際には、まとまった金額が必要となる場合があります。

 

賃貸の更新料とは②:支払い義務


家賃の12ヶ月分の料金が一般的な更新料は、決して安い金額ではない為、支払い義務が気になるところですよね。

基本的には、契約書に「更新の際は料金を支払う」との旨が記載されている場合は、支払い義務が発生します。


法律で決められているわけではないので、更新料を巡るトラブルは少なくないですが、いずれの判例も「更新料は合法」と判断されているのです。

また、更新料の金額交渉は非常に難しいので、金額に不服がある場合は契約前に大家さんに話す事をオススメします。

 

賃貸の更新料とは③:注意点


更新料についての注意点

 

賃貸契約をする際は、契約期間と更新料の有無を確認します。

更新料が高ければ交渉をするか別の物件を探すなど、出来るだけトラブルにならない方法を選びましょう。

また、更新料の他にも更新手数料や火災保険料、保証料などがかかる場合は、更新するよりも引っ越した方が安くつく可能性もあります。

しかしその場合も、契約書に記載されている期間内に退去を予告しなければなりません。


更新の通知が来ない場合は自動更新になっている事も考えられるので、契約書の内容をしっかりと確認しましょう。

他にも、明らかに月額の賃料とかけ離れた更新料が設定されている場合は、大家さんや仲介業者にきちんと問い合わせて料金の交渉をしてみる事をオススメします。

 

おわりに


 

いかがでしたか?

更新料は決して安い金額ではないので注意点を理解し、分からないことがあれば担当者に聞いてみる事をオススメします。

私共南光不動産株式会社では、東大阪市の賃貸物件を多数取り扱っています。東大阪市で賃貸住宅をお探しの場合、上記の更新料は発生しない物件がほとんどですのでご安心ください。

ご要望やライフスタイルにピッタリなお部屋をご紹介させて頂きますので、お部屋探しの際はお気軽にお問い合わせ下さい。

≪ 前へ|一人暮らしに最適な広さは?ポイントは畳数ではなく専有面積?   記事一覧   大阪樟蔭女子大学の学生さん必見!周辺の住みやすさをご紹介! |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約