HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > シェアハウスとはどのような賃貸物件?家賃や住むメリットを解説!

シェアハウスとはどのような賃貸物件?家賃や住むメリットを解説!

≪ 前へ|賃貸物件における共用部分とは?ベランダやバルコニーの使い方も解説   記事一覧   賃貸物件がペット不可である理由や飼育するための交渉方法を解説!|次へ ≫

シェアハウスとはどのような賃貸物件?家賃や住むメリットを解説!

カテゴリ:お役立ち情報

シェアハウスとはどのような賃貸物件?家賃や住むメリットを解説!

近年、複数の住人でリビングや水回り設備などを共有するシェアハウスが増えつつあります。
しかし、テレビ番組の影響でシェアハウスに憧れを抱く一方で、実際の住み心地はどうなのか、家賃はどのくらいなのかなどと悩む方も少なくありません。
そこで今回はシェアハウスの概要や家賃、メリットについて解説します。
シェアハウスへの入居を検討している方はぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

シェアハウスとはどのような賃貸物件?タイプやコンセプトを解説

シェアハウスとは、プライベートな個室にくわえて共同で利用するリビングやキッチン、トイレ、バスルームなどが備えられた賃貸物件のことです。
なかには1部屋を複数人で使用するドミトリータイプのシェアハウスもあります。
また、「男性限定」「女性限定」など入居者を限定した物件や、「楽器可能」「ペットの飼育可能」など同じ趣味を持つ方同士が集まれる物件もあるなど、そのコンセプトはさまざまです。
近年は、築年数が古く空き家と化していた古民家をリノベーションしたシェアハウスも注目を集めています。

シェアハウスの家賃はどのくらい?

シェアハウスに住むにあたって気になるのは、やはり家賃ではないでしょうか。
家賃は物件ごとに異なりますが、ドミトリータイプで約4万円、個室タイプで約5万5,000円が相場です。
またシェアハウスは通常の賃貸物件とは異なり、敷金や礼金がかかりません。
代わりに保証料を支払う必要がありますが、それでも初期費用をだいぶ抑えられる点はメリットといえます。
一方、管理会社が共用部の清掃や日用品の買い物などをしてくれるシェアハウスでは、面倒な家事の負担が軽減されるでしょう。

シェアハウスとはどのような賃貸物件?住むメリットを解説

シェアハウスに住むメリットとして、まずコスト面が挙げられます。
立地が良く、人気の高いエリアでも家賃は比較的安価です。
前述のように敷金や礼金などが不要な点にくわえ、ある程度の家具や家電がそろっている物件が多いため、初期費用を抑えられます。
また、キッチンやトイレ、バスルームなどの水回りやリビングは広めに設定されている物件が多く、ワンルームの賃貸物件よりもゆったりと暮らせる点もメリットです。
一方、管理会社が共用部の清掃や日用品の買い物をしてくれるシェアハウスでは、面倒な家事の負担が軽減されるでしょう。

まとめ

複数人で1つの賃貸物件をシェアして生活を送るシェアハウスは家賃が安いため、人気の高いエリアでも安価で住むことができます。
また、ワンルームの賃貸物件を借りるよりも初期費用を抑えられ、広々とした空間で暮らせる点は大きなメリットといえるでしょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学付近で賃貸物件を探している学生さん向けの賃貸情報を多数ご紹介しております。
一人暮らしをする際のお部屋探しはお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|賃貸物件における共用部分とは?ベランダやバルコニーの使い方も解説   記事一覧   賃貸物件がペット不可である理由や飼育するための交渉方法を解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約