HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸物件の設備に温水洗浄便座は必要?メリット・デメリットをご紹介

賃貸物件の設備に温水洗浄便座は必要?メリット・デメリットをご紹介

≪ 前へ|賃貸物件で害虫が発生したときの対策とは?駆除を依頼した際の費用負担も解説   記事一覧   賃貸物件におけるフリーレントとは何か?そのメリットや注意点を徹底解説!|次へ ≫

賃貸物件の設備に温水洗浄便座は必要?メリット・デメリットをご紹介

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸物件の設備に温水洗浄便座は必要?メリット・デメリットをご紹介

温水洗浄便座は商業施設やコンビニのトイレだけではなく、多くの賃貸物件にも増えてきた設備のひとつです。
これから新居を探そうとしている方は、温水洗浄便座が生活にどのような影響を与えるのか知っておくことが大切です。
そこで今回は、温水洗浄便座がある賃貸物件のメリットとデメリットをご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の設備に温水洗浄便座があるメリットとは?

温水洗浄便座は、便座を温かく保ってくれるメリットがあります。
とくに寒い季節は便座に腰かけた途端にひんやりとした感覚を嫌がる方は多いのではないでしょうか。
温水洗浄便座はスイッチひとつで便座を温めてくれるので、寒い季節のストレスを減らすことができます。
また、温水でお尻を流すことでトイレットペーパーで肌をこする必要がない点もうれしいポイントです。
肌への負担が減るため、トイレットペーパーで肌荒れを経験したことがある方にもおすすめです。
さらに感染症予防につながる点もメリットといえるでしょう。
お尻を拭く際に便が手に付いてしまい細菌感染などで体調不良を引き起こす可能性もあります。
温水を使うことで手を汚すリスクや、細菌に感染するリスクを減らすことができます。
トイレットペーパーの量も減らせるため、コスト面でメリットを感じることも期待できます。

賃貸物件の設備に温水洗浄便座があるデメリットとは?

温水洗浄便座は、電気代などの光熱費が高くなるデメリットがあります。
温水洗浄便座の温度調節機能は常に電源が入っているため、電気代が高くなりやすい点に注意が必要です。
なかには節電機能や便座温度調節のON/OFFができるものなどがあるため、気になる方は内覧の際に確認しておきましょう。
さらに、トイレ掃除の手間が増える可能性がある点にも注意が必要です。
たとえば水はねで便座や床などが汚れたり、ノズル部分の清掃が必要だったりします。
とくにノズル部分は汚れがたまりやすいため、掃除を怠らないことが大切です。
温水洗浄便座が不要な方には、掃除の手間だけが増えるため、必要な設備であるかを慎重に検討しましょう。
また温水洗浄便座には給水ホースが接続されているため、水漏れなどのトラブルが発生するリスクにも注意が必要です。
入居後は水漏れしていないかを定期的にチェックするとともに、故障した場合の対処方法についても管理会社などに確認しておくことが大切です。

まとめ

温水洗浄便座付きの賃貸物件は温かい便座を保てたり、トイレットペーパーの使いすぎを防いだりするメリットがあります。
一方で電気代や掃除、故障などのデメリットがあるため、自分や家族にとって必要な設備なのかどうかを慎重に検討しましょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。
東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件で害虫が発生したときの対策とは?駆除を依頼した際の費用負担も解説   記事一覧   賃貸物件におけるフリーレントとは何か?そのメリットや注意点を徹底解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約