HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸のお風呂にできやすいカビの対処法と予防法

賃貸のお風呂にできやすいカビの対処法と予防法

≪ 前へ|玄関が狭い!ワザあり収納でおしゃれに見せるアイデアを解説   記事一覧   ブラインドを設置するなら木製がおすすめ!メリットと取り付け方を解説|次へ ≫

賃貸のお風呂にできやすいカビの対処法と予防法

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸のお風呂にできやすいカビの対処法と予防法

お風呂場は湿気がこもりやすいので、こまめに換気をしたい場所です。
しかし、間取りの都合上、特に賃貸では窓そのものがないお風呂もあります。
この記事では、特に賃貸のお風呂場にできやすいカビについて、対処法と予防法をまとめました。
ひと手間加えるだけで、お風呂場を美しくキープできます。

弊社へのお問い合わせはこちら

対処法はカビの発生源の根絶!賃貸のお風呂で実践できる方法2選

気をつけていても、お風呂場のタイルの目地や四隅など、カビはあっという間に生えてしまいます。
まずは、できてしまったカビを除去する対処法について見ていきましょう。

カビができてしまった際の対処法①専用洗剤を付けて掃除する

ホームセンターやドラッグストアにある、カビ取り専用の洗剤を使ってお風呂を掃除しましょう。
ただし使い方を誤ると、お風呂場のタイルや壁を傷めてしまうので、用量や用法は守ってください。

カビができてしまった際の対処法②オリジナル洗剤でパックする

市販のカビ取り洗剤にひと手間加えるだけで、洗浄効果の高いオリジナル洗剤ができます。
方法はいたって簡単で、カビ取り洗剤に片栗粉を加えペースト状になるまで練るだけです。
あとはカビの気になる部分に塗って、5~10分ほど放置して流します。
もう一つの方法として、市販のカビ取り洗剤をスプレーした後に、ラップで上から覆うという方法もあります。
可能であれば設定温度を60℃くらいにした、熱いシャワーで流してください。
ポイントとしては、カビ取り掃除をする際は、お風呂場全体が乾いた状態がベストです。
壁や天井についた水滴がないのを確認してから、作業をはじめてください。

カビは予防法もセットでおこなうと効果的!賃貸のお風呂でも簡単にできる方法3選

対処法を見ていく前に、まず、どうしてカビが生えてしまうのか、発生しやすい環境を理解しておきましょう。

●湿度の高い場所(70%以上)
●温度の高い場所(20℃~30℃)
●エサのある場所(湯垢や石鹸カス)


カビは菌類であり生き物ですから、カビにとって居心地の悪い場所を作ることで生えなくなります。

予防法①お風呂から上がる前に浴室全体をシャワーで流す

水垢や石鹸カスは、思いもよらない場所にまで飛んでいます。
お風呂から上がる前に、お風呂場全体を冷たいシャワーで流すと効果的です。
カビのエサとなる汚れを簡単に流せるほか、お風呂場全体の温度を下げる作用があります。

予防法②タオルなどで水気を拭く

さらに水気が残っているお風呂場も、カビにとっては住み心地の良い場所です。
お風呂場全体を拭くだけでカビの抑制になります。
体を拭いた後のタオルで構いません。
同時に水垢も防げます。

予防法③換気扇は24時間つけっぱなしがおすすめ

換気扇をつけて、お風呂場内の空気の循環を良くしておくことも大切です。
24時間換気機能のついているお風呂場なら、換気扇はつけっぱなしでも良いでしょう。

カビは予防法もセットでおこなうと効果的!賃貸のお風呂でも簡単にできる方法3選

まとめ

賃貸のお風呂場でも簡単にできるカビの対処法と予防法を見てきました。
カビを放置してしまうと取れなくなります。
賃貸であれば退去時に高額なクリーニング代を請求されないためにも、日頃からコツコツ掃除を継続しておきましょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。
東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|玄関が狭い!ワザあり収納でおしゃれに見せるアイデアを解説   記事一覧   ブラインドを設置するなら木製がおすすめ!メリットと取り付け方を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約