HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > ブラインドを設置するなら木製がおすすめ!メリットと取り付け方を解説

ブラインドを設置するなら木製がおすすめ!メリットと取り付け方を解説

≪ 前へ|賃貸のお風呂にできやすいカビの対処法と予防法   記事一覧   賃貸物件の設備が破損した!知っておくべき対処法を解説|次へ ≫

ブラインドを設置するなら木製がおすすめ!メリットと取り付け方を解説

カテゴリ:お役立ち情報

ブラインドを設置するなら木製がおすすめ!メリットと取り付け方を解説

インテリアにこだわるのであれば、ブラインドを設置するのがおすすめです。
この記事では、窓際にブラインド(特に木製)を設置するメリットと、その取り付け方を解説しています。
他のインテリアとの相性や、設置の手間についてもご紹介しますので、カーテンかブラインドかで迷っている方も、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

木製ブラインドをおすすめしたい理由はメリットが多いから

カーテンではなくブラインド、そして木製のものをおすすめするには理由があります。

メリット①ブラインドは場合によってはカーテンよりも設置費用が手頃

カーテンは大きなものになると、窓1か所で5,000円~1万円程度します。
もちろん3,000円程度の安いカーテンもありますが、価格相応のデザインや機能性、布の質であるといえるでしょう。
その点、ブラインドは相場が3,000円程度です。
材質もそこまで差が付きにくいのが大きなポイントです。

メリット②カーテンのように長さを調節しなくても良い

ブラインドは、窓の規格にさえ適合したものを選べば、面倒な長さ調節の手間がありません。
カーテンは、窓枠に合った横幅、そして長さのものを選ぶ必要があります。
製品によって長さが違う場合があり、購入の段階での採寸が必須です。

メリット③インテリアを程よく邪魔しない

木製のブラインドは、床やドアと近い色のものを選んでください。
部屋の一部としてうまく同化し、インテリアを引き立ててくれます。
カーテンがインテリアのアクセントになるのに対し、ブラインドはインテリアを引き立てる役割を担います。
また、窓際にインテリアを置く際も、開閉作業などブラインドのほうが何かと便利です。

インテリアとしておすすめ度の高い木製ブラインドの取り付け方とは

部屋をおしゃれな空間に早変わりさせてくれるブラインドですが、その取り付け方はとても簡単です。

1.窓の採寸をする

ブラインドの取り付けで重要なのは、窓枠の横幅の採寸です。
縦の長さはそこまで気にする必要はありませんが、横幅だけはきっちりと測っておいてください。

2 ブラインドの取り付け方法を確認する

木製ブラインドはメーカーによって取り付け方が異なります。
たとえば、ニトリのブラインドであればカーテンレールを活用して取り付け可能です。
別途、5,000円ほどかかりますがブラインドが付いていない窓枠に取り付けられる、突っ張り式のブラインド専用レールも販売されています。

3 ブラインドを取り付ける

あとは取り付けるだけです。
もし作業に不安があるという人は、誰かに手伝ってもらいましょう。

インテリアとしておすすめ度の高い木製ブラインドの取り付け方とは

まとめ

木製のブラインドをおすすめする理由、そして取り付け方について見てきました。
ブラインドといえばオフィスの窓を思わせるような、無機質なイメージでしたが、木製ブラインドは雰囲気も温かく、部屋全体の印象を明るく変えてくれる効果があります。
窓の目隠しに悩んでいる方は、ぜひブラインドも検討してみてください。
南光不動産株式会社では、近畿大学周辺エリアを中心に賃貸物件を多数取り扱っております。
最上階の物件も紹介しておりますので、東大阪市の賃貸マンション・賃貸アパートをお探しなら、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸のお風呂にできやすいカビの対処法と予防法   記事一覧   賃貸物件の設備が破損した!知っておくべき対処法を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約