HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 一人暮らしにおすすめの料理は?コツや作り置き料理をご紹介!

一人暮らしにおすすめの料理は?コツや作り置き料理をご紹介!

≪ 前へ|賃貸住宅でもできるスマートホーム化とは?方法やメリットをご紹介   記事一覧   カードキーの賃貸物件ってどう?カードキーのメリットとは?注意点もチェック|次へ ≫

一人暮らしにおすすめの料理は?コツや作り置き料理をご紹介!

カテゴリ:お役立ち情報

一人暮らしにおすすめの料理は?コツや作り置き料理をご紹介!

一人暮らしを始めると心配なのが、毎日のご飯の準備ですよね。
今まで料理をしてこなかった人も、これからは自分で料理を作ることになります。
そこで今回は、一人暮らしの料理のコツやおすすめの作り置き料理をご紹介したいと思います!

弊社へのお問い合わせはこちら

一人暮らしにおすすめの料理のコツとは?

まずは一汁一菜からスタート!

頑張って献立の品数を増やさなくても大丈夫です。
まずはご飯と汁物、そして余裕があればプラス一品の「一汁一菜」からスタートしてみましょう。
これは有名な料理家の方が提案されている献立の立て方でもあり、とても理にかなっています。
ご飯とお味噌汁、冷ややっこ、でも立派な献立ですね。

味付けのパターンを覚える

調味料の組み合わせ方をパターン化して覚えるのも、簡単な料理のコツとなります。
例えば、次の組み合わせパターン。

塩、こしょう、油
炒め物、お肉やお魚を焼く時、サラダなど、大体はこのパターンで味付けができます。
この「油」を、サラダ油、オリーブオイル、ごま油と変えるだけで味に変化も出ますよ。
また、黄金比と言われる「組み合わせと比率」のパターンもあります。

醤油:酒:みりん:砂糖 = 2:2:2:1
これは照り焼きのたれの黄金比と言われています。
お肉、お魚、ハンバーグなど照り焼き全般に使えます。
このように簡単な調味料の組み合わせや比率を覚えておき、慣れてきたら自分好みに調節すると良いですね。

レシピは簡単なものから試す

張り切って難しいものに挑戦したくなるかもしれませんが、レシピを見て料理する場合、まずは基本的で簡単なレシピから試してみましょう。

レシピ通り作らなくても大丈夫!

大根の下茹でや油揚げの油抜きなど、「しておいたほうがいい」レベルの工程は、省いてもおいしい料理は完成します。
切り方も、自分ができる切り方で大丈夫ですよ。

一人暮らしの人におすすめの作り置き料理とは?

一度にたくさん作って冷蔵や冷凍などで保存しておける、作り置き料理を準備しておくと便利です。
次に簡単にできる作り置き料理をご紹介します。

肉そぼろ


●豚挽き肉
●〇醤油:大さじ3
●〇砂糖:大さじ2
●〇酒:大さじ1
●塩・こしょう:少々
●しょうが:一片(またはチューブ適量)
●サラダ油:大さじ1
●フライパンにサラダ油を入れ中火で熱し、しょうが・豚挽き肉・塩・こしょうの順に入れて炒めます。
●ひき肉の色が完全に変わったら、キッチンペーパーで余分な脂を吸い取り、あらかじめボールに混ぜ合わせておいた残りの調味料(〇)を加えて強火で汁けがなくなるまで炒めて出来上がり。


冷蔵で約5日間、冷凍で約2~3週間保存できます。
そぼろ丼、肉うどんの具、担々麺などに使えますよ。

煮卵


●ゆで卵:4つ
●みりん:大さじ2
●醤油:大さじ2
●砂糖:大さじ2
●酒:大さじ1


調味料をすべて鍋に入れ、一煮立ちさせたら冷ましておきます。
ゆで卵を茹で、ゆであがったら冷水にとり冷まして皮をむきます。
保存袋に調味料とゆで卵を入れ、空気をよく抜いて密封し、保存容器に入れ半日程度浸けておけば出来上がりです。
冷蔵で4日間保存できます。

一人暮らしの人におすすめの作り置き料理とは?

まとめ

一人暮らしにおすすめの料理のコツや作り置き料理をご紹介しました。
お味噌汁に残り物の野菜をたくさん入れるだけでも栄養が摂れますね。
自炊をすれば節約にもつながり健康にも良いので、一人暮らしをきっかけに料理を始めてみてはいかがですか?
南光不動産株式会社では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。
東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸住宅でもできるスマートホーム化とは?方法やメリットをご紹介   記事一覧   カードキーの賃貸物件ってどう?カードキーのメリットとは?注意点もチェック|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約