HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸住宅のリフォーム済みとリノベーション済みの違いとは?

賃貸住宅のリフォーム済みとリノベーション済みの違いとは?

≪ 前へ|賃貸物件を退去する時に掃除は必要?掃除すべき範囲やポイントもご紹介   記事一覧   賃貸住宅でもできるスマートホーム化とは?方法やメリットをご紹介|次へ ≫

賃貸住宅のリフォーム済みとリノベーション済みの違いとは?

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸住宅のリフォーム済みとリノベーション済みの違いとは?

最近よく耳にする「リノベーション」という言葉がありますが、賃貸物件でもリノベーション済みの住宅は増えつつあります。
リノベーション済みの物件にはどんなメリットがあるのでしょうか?
今回はリノベーション済みの物件に注目し、よく聞く「リフォーム」との違いとはなにか、そして「リノベーション」済み物件に住むとどんなメリットがあるのかについてご紹介したいと思います!

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の「リフォーム」済みと「リノベーション」済みの違いとは?

まずはリフォームとリノベーションの違いについてご紹介したいと思います。

リフォームとは

リフォームとは一般的に、老朽化や経年劣化によって傷んだり汚れたり壊れたりした状態の建物を、より新築に近い状態に戻すことをいいます。
賃貸マンションや賃貸アパートの場合は、入居者の退去後に、元の状態にきれいに直したり設備を入れ替えたりといった原状回復の事を示す場合もあります。
工事の規模としては、キッチンやユニットバスの入れ替え、壁紙の貼り替えなどといった比較的小規模なものが該当します。
また、工事終了後の住宅性能という点では、新築と同等又はそれに準ずるレベルの性能向上が見込めます。

リノベーションとは

一方でリノベーションとは、既存の建物にリフォーム以上の性能やデザインなどといった付加価値を付け足し、建物の機能や価値を高めることをいいます。
最近では賃貸マンションや賃貸アパートでも、築年数の古い建物を活かしながらお洒落に変えたり、最新の設備を導入したりといった物件が増えてきています。
工事の規模としては、間取り変更や給排水設備の変更、耐震性の向上などといった大規模なものが該当します。
工事終了後の住宅性能という点では、新築時以上のレベルの向上が見込めます。

賃貸物件でも目にする「リノベーション済み物件」のメリットとは?

それでは、「リノベーション済み物件」のメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。

設計の自由度が高く生活スタイルに合わせやすい

リノベーションは設計自体の自由度が高いので、ライフスタイルに沿った設計を行う事ができます。
賃貸物件であれば、学生向け、ファミリー向けといった用途に合わせたリノベーションがなされている場合が多く、間取りの利便性や設備性能も高いといったメリットがあります。

デザイン性が高い

北欧テイスト、ブルックリンスタイルなど好みのテイストにできるといった、デザイン性の高さもリノベーションの大きなメリットです。
賃貸物件でも、リノベーション済みの住宅はテイストが統一されていたり、デザイナーズ住宅のような内装のものも多いのが魅力ですね。

新築より費用が抑えられる

新築よりもリノベーションの方が工事費用等を抑えられるという点もメリットのひとつです。
リノベーションによってお洒落に新しくなった賃貸物件でも、新築の物件と比較した場合に家賃が抑えめである場合が多くなっています。

賃貸物件でも目にする「リノベーション済み物件」のメリットとは?

まとめ

自分たちがリノベーションを行う場合でも、設計の自由度が高く新築より費用も抑えられるというのは、とても魅力的ですよね。
リノベーション済みの賃貸物件は、お洒落できれいなお部屋に住みたいけれど家賃は抑えたい、といった希望が叶えられる選択肢のひとつといえるでしょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学周辺エリアを中心に賃貸物件を多数取り扱っております。
最上階の物件も紹介しておりますので、東大阪市の賃貸マンション・賃貸アパートをお探しなら、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件を退去する時に掃除は必要?掃除すべき範囲やポイントもご紹介   記事一覧   賃貸住宅でもできるスマートホーム化とは?方法やメリットをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約