HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸物件を退去する時に掃除は必要?掃除すべき範囲やポイントもご紹介

賃貸物件を退去する時に掃除は必要?掃除すべき範囲やポイントもご紹介

≪ 前へ|賃貸物件では引っ越しと更新のどちらがお得?メリットや費用を徹底比較!   記事一覧   賃貸住宅のリフォーム済みとリノベーション済みの違いとは?|次へ ≫

賃貸物件を退去する時に掃除は必要?掃除すべき範囲やポイントもご紹介

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸物件を退去する時に掃除は必要?掃除すべき範囲やポイントもご紹介

賃貸物件を退去するときにはなんとなく掃除をしてから退去するイメージがありますが、実際は掃除をする必要があるのでしょうか?
また、よく言われる原状回復とはどういう内容なのでしょうか?
今回は退去時の清掃に注目し、必要性の有無やポイント、原状回復についてもご紹介したいと思います!

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件を退去する時の掃除の必要性は?原状回復とは?

そもそも賃貸物件を退去するときに掃除は必要なの?

賃貸物件を借りて住んでいた場合、一般的に退去時の掃除は必要とされています。
理由として、借主は退去時に「原状回復の義務」があり、原状回復しきれない部分には、追加のクリーニング代などとして敷金から捻出する場合がほとんどだからです。
ただし例外として、賃貸借契約書に「退去時の掃除は不要」とする旨が盛り込まれている場合や、賃貸契約後ほとんど未使用の場合などは、掃除の必要はないとされています。

「原状回復」とは?一体どこまですればいいの?

国土交通省のガイドラインによると、原状回復とは「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義されています。
つまり、入居時と同じ状態にまで戻さなくてはならない義務ではなく、「経年劣化や通常使用の範囲内の汚れレベルまで回復」しておけばいいということです。

賃貸物件の退去時に掃除すべき範囲や掃除のポイントはあるの?

上記のガイドラインを踏まえて、退去時の清掃は、借主の過失や故意による汚損箇所をおこなえばいいでしょう。
具体的な掃除箇所を掃除のポイントと併せてご紹介します。

床やカーペットの汚れや傷・カビ・シミなど

カーペットの汚れは、裏に当て布を当てて、水性汚れの場合は水、油性汚れの場合は台所用洗剤を含ませた歯ブラシなどで軽くたたきながら汚れを落としていくのがポイントです。
カーペット裏のカビは、カビ専用の洗剤を用いて掃除しましょう。
床の傷は、床専用のクレヨンを使用するとある程度の傷は補修することができます。

壁の穴や傷

下地の石膏ボードにまで及んだ壁の穴は、シール材やパテで穴を埋めます。
画鋲レベルの穴はそのままでいいでしょう。

キッチンの油汚れ

キッチン汚れ専用洗剤や、重曹を用いて掃除しましょう。
ガスコンロの口や換気扇は、漬け置きしてブラシで擦り洗いするとよく落ちます。

お風呂・トイレ・洗面台など水回りのカビ

カビ専用の洗剤を用いて、換気に注意しながら掃除しましょう。

賃貸物件の退去時に掃除すべき範囲や掃除のポイントはあるの?

まとめ

賃貸物件の退去時の清掃は敷金の節約にもつながるので、しっかりおこないましょう。
掃除が必要ない場合もあるので、必ず賃貸借契約書で確認しておきましょう。
また、退去時は長年住んだお部屋とのお別れのときでもあります。
今までの感謝の気持ちも込めて、お部屋を綺麗にしておくと気分もいいものですね。
南光不動産株式会社では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。
東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件では引っ越しと更新のどちらがお得?メリットや費用を徹底比較!   記事一覧   賃貸住宅のリフォーム済みとリノベーション済みの違いとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約