HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸契約において2年契約が多いのはなぜ?理由や途中解約の違約金について

賃貸契約において2年契約が多いのはなぜ?理由や途中解約の違約金について

≪ 前へ|近畿大学で行われたVR空間を用いた「オンライン授業」とは?   記事一覧   賃貸物件では引っ越しと更新のどちらがお得?メリットや費用を徹底比較!|次へ ≫

賃貸契約において2年契約が多いのはなぜ?理由や途中解約の違約金について

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸契約において2年契約が多いのはなぜ?理由や途中解約の違約金について

賃貸物件の多くは2年契約となっているのは皆さんご存じかと思いますが、なぜ2年契約が多いのでしょうか?
今回は賃貸物件の2年契約の謎に注目し、その理由や途中解約した場合の違約金などについてご紹介したいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件に2年契約が多いのはなぜ?理由はあるの?

一般的に結ばれている賃貸借契約は「普通借家契約」と呼ばれ、借主から解約の希望がなければ契約が更新されるものであり、反対に貸主からの解約には正当事由が必要となっています。
ではなぜこの「普通借家契約」において、2年契約の場合が多いのでしょうか。

「期間の定めのない契約」を避けるため

賃貸物件の普通借家契約では、借地借家法29条によって「期間を一年未満とする建物の賃貸借は、期間の定めがない建物の賃貸借とみなす。」と定められています。
このような「期間定めのない契約」の場合、賃貸人はいつでも解約の申し入れが可能となるため、借主保護の観点から1年未満の契約が避けられています。
したがって、1年以上の契約期間で現実的に長すぎない期間として、2年契約が主流となっています。

更新料を徴収するため

上記のように「期間定めのない契約」であれば当然「更新」自体が無く、大家さんや不動産屋が更新料や更新に伴う事務手数料を徴収することもなくなってしまうため、それらを徴収する機会を得るためにも2年契約となっている、という側面もあります。

平均的な入居期間に合わせているため

賃貸物件への平均的な居住期間が、ファミリーでは4年、単身世帯では2年というデータに基づいて、平均的な期間に合わせているといった部分も理由のひとつです。

2年契約の賃貸物件を途中解約した場合に違約金は発生する?

2年契約の途中で解約した場合、違約金は発生するのでしょうか?
基本的には、違約金が発生することはほぼありません。
通常であれば1か月前辺りで申し出たり、契約書に定められている期日までに申し出ればよいでしょう。
しかし例外として、契約書に「特約」として途中解約による違約金の発生が設定されている場合があります。
特に、初期費用が抑えられている物件やフリーレント物件などでは設定されているケースも見られるので、あらかじめ賃貸借契約書で確認しておくようにしましょう。

2年契約の賃貸物件を途中解約した場合に違約金は発生する?

まとめ

賃貸物件になぜ2年解約が多いのかについては、借主保護の観点による理由を中心に、様々な側面から総合的に決められています。
だからといって、2年契約の途中で解約しても違約金が派生するケースはほぼないので、あらかじめ契約書に定められた解約申し出期間の確認や、万が一のために特例の有無を確認しておくと、途中で解約したくなった際にも安心できますね。
南光不動産株式会社では、近畿大学付近で賃貸物件を探している学生さん向けの賃貸情報を多数ご紹介しております。
一人暮らしをする際のお部屋探しはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|近畿大学で行われたVR空間を用いた「オンライン授業」とは?   記事一覧   賃貸物件では引っ越しと更新のどちらがお得?メリットや費用を徹底比較!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約