HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 学生の一人暮らしに変化が!コロナ禍における賃貸物件のお部屋探し

学生の一人暮らしに変化が!コロナ禍における賃貸物件のお部屋探し

≪ 前へ|お風呂の寒さをどうにかしたい!賃貸物件でもできる寒さ対策をご紹介   記事一覧   賃貸物件での一人暮らし!広いお部屋に住むメリット・デメリットとは?|次へ ≫

学生の一人暮らしに変化が!コロナ禍における賃貸物件のお部屋探し

カテゴリ:お役立ち情報

学生の一人暮らしに変化が!コロナ禍における賃貸物件のお部屋探し

コロナの影響で、日常生活はあらゆることが制限され、世界中に大きな影響を与えています。
親元を離れ、大学に通うために一人暮らしをしている学生も、想像していなかった生活を強いられていますよね。
そのようななか、現在住んでいる賃貸物件からの引っ越しを考えている学生が増えています。
そこで今回は、近畿大学在学中の学生に向けて、コロナ禍における賃貸物件でのお部屋探しにみられる変化についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

コロナの影響で賃貸物件のお部屋探しにどのような変化がおきているのか?

コロナウィルスが流行する以前に賃貸物件に入居した学生にとって、大学に通えないことや、ステイホームで自宅にいる時間が長くなることなど想定外でしたよね。
またアルバイト代を生活費の足しにすることを前提に、物件を決めた学生も多いでしょう。
しかしコロナの影響で、大学やアルバイトに通えず自宅にいる時間が長くなったことで、「別の部屋へ引っ越したい」と考える学生が増えています。
一人暮らしの学生が賃貸物件に求めるものが、コロナの影響で変化してきているようです。
これからのお部屋探しは、「コロナ禍でも過ごしやすい環境」を重視するとよいのかもしれませんね。

賃貸物件もwithコロナを念頭に!後悔しないお部屋探しのポイントとは?

では具体的にどのようなポイントを重視してお部屋探しをするとよいのでしょうか。
いくつかポイントをお伝えしますので、賃貸物件での暮らしもwithコロナを頭に入れて考えてみてください。

●家賃を抑える
●快適にステイホームできる空間
●大学や駅までの距離は遠くてもよい
●防音性
●インターネット環境が整っている
●日中の周辺環境をチェックする


「アルバイトができなくて収入がない」あるいは「実家からの仕送りが減った」といった理由で生活が苦しくなって困っている学生も多いようです。
家賃は生活費のなかでも大きな出費ですから、少しでも家賃が安い物件を検討するとよいでしょう。
オンライン授業が増え、通学する日が減ったのでしたら、大学や駅から少し離れた賃貸物件のほうが家賃の安い物件が多い可能性がありますよ。
また部屋で過ごす時間が長いので、快適に過ごせる間取りや、エアコンなどの設備も重視したほうがよいでしょう。
さらに今まで気にならなかった周辺環境の騒音や、ほかの住人の生活音などもストレスの原因になる可能性があるので、防音性の高い物件もおすすめです。
オンライン授業を受けるためのインターネット環境が整っていることも大切なポイントですし、インターネット料金が無料の物件もあるのでぜひチェックしてみてくださいね。

賃貸物件もwithコロナを念頭に!後悔しないお部屋探しのポイントとは?

まとめ

今回は、コロナの影響による賃貸物件のお部屋探しについてお伝えしました。
このコロナ禍を乗り越えるためにも、家賃や快適にステイホームできる環境を重視して、新しいお部屋を探してみてはいかがでしょうか。
南光不動産株式会社では、近畿大学周辺エリアを中心に賃貸物件を多数取り扱っております。
最上階の物件も紹介しておりますので、東大阪市の賃貸マンション・賃貸アパートをお探しなら、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|お風呂の寒さをどうにかしたい!賃貸物件でもできる寒さ対策をご紹介   記事一覧   賃貸物件での一人暮らし!広いお部屋に住むメリット・デメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約