HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 南向きの部屋にはメリットが豊富?各方角の特徴もご紹介

南向きの部屋にはメリットが豊富?各方角の特徴もご紹介

≪ 前へ|新型コロナウイルス対策支援!近畿大学が寄贈した近大マスクとは?   記事一覧   一人暮らしにちょうどよい家電のサイズとは?冷蔵庫編・洗濯機編|次へ ≫

南向きの部屋にはメリットが豊富?各方角の特徴もご紹介

カテゴリ:お役立ち情報

南向きの部屋にはメリットが豊富?各方角の特徴もご紹介

今回は、南向きの部屋のメリットについて紹介していきます。
具体的に、どのような特徴があるのでしょうか。

弊社へのお問い合わせはこちら

南向きの部屋はメリット豊富?各方角の特徴とは

日当たりが良いとされる南向きの部屋は、多くの人に人気があります。
実際のところ、各方角の部屋によってどのような特徴があるのでしょうか。

東向き

南向きの次に人気があるのは、東向きの部屋です。
東向きは、朝日が差し込みやすいといった特徴があります。
朝が早い人にとっては、部屋の奥まで朝日が差し込むので、気持ちよく目覚められますよ。
夏場も比較的、過ごしやすい温度に保てる特徴もあります。
午後は反対に冷えやすくなり、寒い時期には対策が必要です。

西向き

西向きの部屋は、西日が差し込みやすいのが特徴です。
午後の時間帯を部屋で明るく、暖かく過ごしたい人には良いでしょう。
午後は、洗濯物も乾きやすくなります。
ただし午前中は朝日が入りにくく、暗くなりがちなのが注意点です。
また夏場の午後は、暑さがこもりやすくなるので対策が必要でしょう。

北向き

北向きは一日を通して、部屋に入る光がやわらかいのが特徴です。
光が差し込んでテレビなどが見にくくなるようなこともないので、ゆったり過ごせます。
また南向きのお部屋に比べて、家賃も安い傾向です。
日当たりの悪さから、冬場には室温がとくに下がりやすく、結露も起きやすくなるのが注意点になります。

南向きの部屋はメリット豊富?日当たりがキーポイント

南向きの部屋の、メリットとデメリットを確認していきましょう。

南向きのメリット

まずは1日を通した日当たりの良さです。
日中の長い時間に渡って、部屋に日光が差し込み、暖かく明るく過ごせます。
明るいため、照明を必要としない時間も長くなるでしょう。
節電につながりますね。
日中部屋で過ごすことが多い人にとって、大きなメリットです。
また洗濯物も乾きやすくなり、快適に生活できます。
日当たりの良いベランダやバルコニーでは、植物も育てやすいので、ガーデニングなどが趣味の人にとっても魅力的ですね。

南向きのデメリット

日当たりの良さから、紫外線による壁紙や床、家具などへダメージを受けることがあるのがデメリットです。
書籍なども傷みやすくなります。
とくに夏場は暑くなりすぎて、エアコンなどをつけっぱなしにしないと、いられない場合もあるでしょう。
夏場の光熱費がかさむかもしれません。
また南向きは人気があるため、物件の価格も高い傾向にあります。
日中仕事などで部屋を空けることが多い方にとっては、もったいなく感じられるかもしれません。

南向きの部屋はメリット豊富?日当たりがキーポイント

まとめ

南向きの部屋のメリットなどを紹介しました。
参考にしてみてくださいね。
南光不動産株式会社では、近畿大学付近で賃貸物件を探している学生さん向けの賃貸情報を多数ご紹介しております。
一人暮らしをする際のお部屋探しはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|新型コロナウイルス対策支援!近畿大学が寄贈した近大マスクとは?   記事一覧   一人暮らしにちょうどよい家電のサイズとは?冷蔵庫編・洗濯機編|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約