HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸住まいは必見!賢く実践したい冬の節電対策まとめ

賃貸住まいは必見!賢く実践したい冬の節電対策まとめ

≪ 前へ|賃貸の冬は寒い?工事不要で誰でも簡単にできる寒さ対策をご紹介   記事一覧   近畿大学卒業生が経営する店が食べログに集結!サービス概要と店舗をご紹介|次へ ≫

賃貸住まいは必見!賢く実践したい冬の節電対策まとめ

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸住まいは必見!賢く実践したい冬の節電対策まとめ

一人暮らしだから、賃貸だからと冬の節電を怠ると、痛い目にあいます。
この記事では賃貸でも実践できる冬におすすめの節電対策をまとめました。
ポイントはエアコンの機能を最大限に活かせる使い方と、エアコン以外の暖房器具の検討です。
電力会社の契約にも触れていますので、ぜひ活用してください。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸の冬の節電はエアコンをいかにうまく使うかで決まります

賃貸での節電を考える前に、まずは想定される冬の光熱費の内訳を考えましょう。
一般的に、一人暮らしの光熱費は水道代・ガス代・電気代を合わせて1万円程度です。
エネファームのような契約でもしていない限り、冬の光熱費で一番ウエイトを占めるのは電気代で、もっとも影響を及ぼすのがエアコンになります。
つまりエアコンをより省電力でうまく使いこなせれば、節電につながるのです。

エアコンの上手な節電方法①風向きは"下"に設定を

まずエアコンは風の吹き出す方向を下向きに設定しておきましょう。
暖まった空気は冷えた空気の上に行ってしまう性質があるからです。
冷えた空気が停滞しやすい部屋の床付近を暖めて、暖房効率を高めましょう。

エアコンの上手な節電方法②サーキュレーターや加湿器も使う

部屋の中の空気を常に循環させることも、部屋全体を効率よく暖めることにつながるので節電につながります。
また、湿度も体感温度を上げてくれるので加湿を適宜行いましょう。
エアコンによる空気の乾燥も軽減できるので、おすすめです。

エアコンの上手な節電方法③自動運転で使い掃除もこまめに

最後はエアコンの機能を最大限に発揮させる節電方法です。
エアコンはなるべくまとまった時間運転、自動運転モードにて使いましょう。
風量の弱いモードでこまめに電源を抜き差しするよりもはるかに節電につながります。
さらに、フィルターなどはこまめに掃除しておきましょう。
エアコンが温風を送り出す力を損なわないだけではなく、衛生的です。

電力会社の契約や暖房器具を見直して賃貸の冬は賢く節電!

次に、電力会社との契約、エアコン以外の暖房器具の使うことによる節電方法も検討してみましょう。
まず、電気料金の使用明細や分電盤を見て、契約しているアンペア数を確認してください。
一般的に一人暮らしの家では10A~20Aほどで事足りるとされているので、ファミリー用の40Aなどになっている場合は契約を変更しましょう。
基本料金を下げることができます。
さらに、コタツや電気毛布、遠赤外線ヒーターなどのエアコン以外の暖房器具を活用しましょう。
いずれもエアコンよりも使用電力が少なく、素早く暖が取れます。
こちらもエアコンのように温風を出すものではないので乾燥の心配もありません。

電力会社の契約や暖房器具を見直して賃貸の冬は賢く節電!

要チェック|家具・家電付き物件特集です!

まとめ

エアコンの使い方にまつわる節電方法と、エアコン以外に節電を実施できる方法を見てきました。
いずれも家の改装などは必要なく、小さな工夫でできることなので賃貸住まいでも安心して実践できる冬の節電対策となっています。
小さな工夫を習慣にして賢く節電を実施して冬を乗り切りましょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学付近で賃貸物件を探している学生さん向けの賃貸情報を多数ご紹介しております。
一人暮らしをする際のお部屋探しはお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸の冬は寒い?工事不要で誰でも簡単にできる寒さ対策をご紹介   記事一覧   近畿大学卒業生が経営する店が食べログに集結!サービス概要と店舗をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約