HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸の冬は寒い?工事不要で誰でも簡単にできる寒さ対策をご紹介

賃貸の冬は寒い?工事不要で誰でも簡単にできる寒さ対策をご紹介

≪ 前へ|女性向け賃貸物件の特徴は?メリット、デメリットもご紹介!   記事一覧   賃貸住まいは必見!賢く実践したい冬の節電対策まとめ|次へ ≫

賃貸の冬は寒い?工事不要で誰でも簡単にできる寒さ対策をご紹介

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸の冬は寒い?工事不要で誰でも簡単にできる寒さ対策をご紹介

夏は一切気にならなかったのに冬が到来すると、賃貸の寒さに打ちひしがれる人も少なくないでしょう。
この記事では賃貸物件にお住まいの人に向けて、誰でも簡単にできる寒さ対策の方法をご紹介しています。
ポイントは窓と床です。
少しの工夫で手軽に暖を取り、寒さに負けないお家づくりについてまとめました。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸で冬を迎えるのであれば寒さ対策は万全に!まずは窓をチェックしよう!

壁から半分以上の高さにあるような小さな窓であっても、寒さ対策においては重要です。
具体的な対策方法は、窓から逃げる暖気を最小限に留め、冷気をシャットアウトする方法になります。

対策①断熱シートを窓ガラスに貼る

まず賃貸の薄く断熱性能が乏しい窓には断熱シートを貼りましょう。
窓ガラスに空気の層をプラスすることで、暖気を逃がさず冷気をシャットダウンすることができます。
荷物の梱包に使われるプチプチやアルミシートも、空気の層を含んでいるので代用が可能です。
いずれも100円均一ショップで入手可能ですので、ローコストで寒さ対策を実践できます。

対策②隙間テープを貼る

窓には小さな隙間があり、ここからも冷気は侵入してきます。
窓枠部分やサッシ、レール部分などに同じく100均で売られているウレタン素材の隙間テープを貼ってみましょう。

対策③カーテンを付けるor見直してみる

窓に設置するカーテンも冷気を遠ざけてくれるので、寒さ対策に一役買ってくれます。
レースカーテンを付けていない、カーテンの長さが窓にあっていない人は早急に対策しましょう。

冬の寒さ対策は足元から…賃貸は床からの冷気もシャットダウンしよう!

次に床での寒さ対策も見ていきましょう。
床は部屋全体の冷えた空気が停滞しやすいので、より寒さを感じやすい部分です。

対策①カーペットやラグを敷く

寒さ対策の定番ですが、床には必ずカーペットやラグを敷きましょう。
毛足の長いものや保温性の高い素材を使ったものを選ぶと、冬でも床でゴロゴロしたくなるようなお部屋づくりができます。

対策②アルミシートや銀マットを敷く

窓と同様、床にも空気の層を持たせることで賃貸の寒さ対策は一歩前進します。
ラグやカーペットの下にアルミシートや銀マットを引くことでダブルの寒さ対策が打てるのです。
また、これらの方法は階下に伝わる生活音も軽減できるので一石二鳥の寒さ対策になります。

対策③スリッパやルームシューズを活用する

冷えた床には素足で歩かないことです。
防寒性に優れたスリッパやルームシューズを活用しましょう。
冬小物としてインテリアのちょっとしたアクセントにもなります。

冬の寒さ対策は足元から…賃貸は床からの冷気もシャットダウンしよう!

おすすめ|新築賃貸物件特集です!

まとめ

賃貸物件の冬を快適に過ごすための対策方法を、窓と床に注目してお伝えしました。
いずれも安価で簡単に実践できる方法であり、インテリア性も高まります。
賢く寒さ対策を実施した暖かなお部屋で、冬を乗り切りましょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学周辺エリアを中心に賃貸物件を多数取り扱っております。
最上階の物件も紹介しておりますので、東大阪市の賃貸マンション・賃貸アパートをお探しなら、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|女性向け賃貸物件の特徴は?メリット、デメリットもご紹介!   記事一覧   賃貸住まいは必見!賢く実践したい冬の節電対策まとめ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約