HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 女性向け賃貸物件の特徴は?メリット、デメリットもご紹介!

女性向け賃貸物件の特徴は?メリット、デメリットもご紹介!

≪ 前へ|毎日のお手入れが大切!賃貸物件のトイレ掃除   記事一覧   賃貸の冬は寒い?工事不要で誰でも簡単にできる寒さ対策をご紹介|次へ ≫

女性向け賃貸物件の特徴は?メリット、デメリットもご紹介!

カテゴリ:お役立ち情報

女性向け賃貸物件の特徴は?メリット、デメリットもご紹介!

女性向け賃貸物件というのはご存じですか?
安全、安心なセキュリティ完備のほかに、照明の配置や、壁紙の色、部屋の作りなど女性向けに設計されていることが多い賃貸物件のことです。
今回はそんな女性向け賃貸物件の特徴をご紹介!
メリットやデメリットも合わせてご紹介するので、女性向け物件について詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

女性向けの賃貸物件のメリットとは何か?特徴をご紹介

女性向け物件とはその名の通り女性しか契約できない物件のことです。
マンション内には女性しかしないので、学生さんや初めて一人暮らしをする女性から人気があります。
女性向け物件の特徴としては、女性向けの内装や外観の造りが多いこと。
もちろんほかの物件と変わらない造りのマンションもあります。
また、物件によって男性の立ち入りが全面禁止されているところもあります。
親族ならOKだけど友人はNG、男性であれば全員NGなど物件ごとに異なるので、契約の際に詳細を聞いておくことが必要です。

女性向けの賃貸物件に住むことのメリットと注意点は?

女性向け物件のメリットひとつめは、セキュリティがしっかりとしていることです。
オートロックや防犯カメラの設置、特殊な鍵を採用している物件が多いのが特徴となっています。
ふたつめは、住人に女性しかいないこと。
廊下で知らない男性とすれ違うこともなく、警戒心もストレスも少ない環境で暮らせるでしょう。
また、クローゼットが広めに作ってあったり、システムキッチンだったりと、造りが女性向けであるケースが多いのもメリットのひとつです。
一方デメリットとしては、設備や条件が万全な分、家賃が高めであるパターンが多いことが挙げられます。
女性向けに設計されたデザインの建築費や、セキュリティの維持費を考慮するとどうしても家賃は相場より高くなってしまうのです。
また、物件によって異なりますが、親族でさえ呼べないケースも発生します。
その場合、父親や兄弟ですら遊びに呼ぶことができないので注意しましょう。
しかし、来客なら男性の立ち入りを許可している物件もあります。
いずれにせよ、物件の条件に違反してしまったら退去を迫られたり、違反金を支払わないといけなかったりする場合もあるので、契約時の詳細確認は必須です。

女性向けの賃貸物件に住むことのメリットと注意点は?

要チェック|家具・家電付き物件特集です!

まとめ

女性向け物件の特徴やメリット、デメリットをご紹介しました。
親族の立ち入りができない、家賃が高いなどのデメリットも発生してきますが、充実した設備やセキュリティは女性の一人暮らしには魅力的な一面なはずです。
しかし、女性向け物件だからといって安全面を過信してしまってはいけません。
入居前には、物件だけでなく周囲の治安や環境も確認して契約をするようにしましょう。
南光不動産株式会社では、近畿大学周辺エリアを中心に賃貸物件を多数取り扱っております。
最上階の物件も紹介しておりますので、東大阪市の賃貸マンション・賃貸アパートをお探しなら、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|毎日のお手入れが大切!賃貸物件のトイレ掃除   記事一覧   賃貸の冬は寒い?工事不要で誰でも簡単にできる寒さ対策をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約