HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 大学生のひとり暮らしの豆知識!賃貸物件を借りるための入居審査とはどんなもの?

大学生のひとり暮らしの豆知識!賃貸物件を借りるための入居審査とはどんなもの?

≪ 前へ|大阪府八尾市の「ふるさと納税」の取り組みとは?個性豊かな返礼品や寄付金も合わせて見てみよう!   記事一覧   大学生のはじめてのひとり暮らしでも安心!知っておくと安心の自分にぴったりな賃貸物件の選び方とは?|次へ ≫

大学生のひとり暮らしの豆知識!賃貸物件を借りるための入居審査とはどんなもの?

カテゴリ:お役立ち情報

大学生のひとり暮らしの豆知識!賃貸物件を借りるための入居審査とはどんなもの?

多くの大学生にとってはじめての経験となるひとり暮らし。
ひとり暮らし用の賃貸物件を借りるには、きちんとした申し込み手順を踏み、入居審査を受けたり契約を結んだりという一連の流れがあります。
今回は、学生の入居審査でポイントとなる点や、契約者や連帯保証人は誰のことを指すのかという基本のテーマについて、ご案内していきたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の審査の契約者っていったい誰?気になる審査のポイントも解説!

はじめてのひとり暮らしを控えて、わくわくしている学生の方も多いのではないでしょうか?
ひとり暮らしを前提として賃貸物件を探す際には、必要書類の準備や手順を踏んだ契約手続きが必要になります。
これは、ひとり暮らしを検討する中では避けられないもの。
一般的に、賃貸契約をするために必要な流れは、以下のようになっています。

●入居の申し込み
●入居のための審査
●賃貸契約


誰もが必ずひとり暮らし用の部屋を借りられるわけではなく、入居審査をとおってはじめて賃貸契約が可能となります。
入居審査で確認されるのは、次のようなポイントです。

●契約者(入居者)と連帯保証人(両親など)との続柄
●連帯保証人の年収
●連帯保証人の職業や勤務先
●連帯保証人の人柄


大学生や専門学校生などの場合、入居者となる本人には安定した収入がないため、例外をのぞいては、両親のどちらかが賃貸契約上の契約者となります。
この際にポイントとなるのは、審査で重要視されるのは「安定した収入」のある方が契約者であるかどうかという点。
入居審査の不安を少なくするためにも、こうした基本の事項を覚えておくと安心ですね。

賃貸契約に必要な書類にはどんなものがあるの?連帯保証人はいつも必要?

大学生や専門学校生などの学生が賃貸契約を結ぶ際には、入居者である本人を契約者とするのではなく、ご両親のどちらかを契約者とする「代理契約」方式を取るのが一般的になっています。
この代理契約においては連帯保証人は不要となりますが、中には、入居者本人を契約者とする方式を取っている不動産会社も。
その場合は、ご両親や親族の方などに連帯保証人となっていただく必要があることを覚えておきましょう。
新大学生や新専門学校生などの未成年者が入居する予定の場合は、下記のような書類が必要となる場合があります。
賃貸契約に必要となる書類は、契約方式や不動産会社によっても変わってきます。
賃貸物件の申し込みをする時には、必ず、その都度、不動産会社などに確認を取るようにすると安心です。

●学生証などの本人確認書
●大学や専門学校の合格通知書
●親権者同意書
●連帯保証人の印鑑証明書
●連帯保証人引受承諾書

賃貸契約に必要な書類にはどんなものがあるの?連帯保証人はいつも必要?

要チェック|国際学部の方にお勧めの賃貸物件特集です!

まとめ

大学生や専門学校生になると、学校にプライベートにとますます忙しくなりますよね。
大学生になって、憧れのひとり暮らしをしたいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回ご紹介させていただいた賃貸物件の入居審査、契約者や連帯保証人などの考え方を参考に、ぜひ、素敵なお部屋を探してくださいね。
南光不動産株式会社では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。
東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|大阪府八尾市の「ふるさと納税」の取り組みとは?個性豊かな返礼品や寄付金も合わせて見てみよう!   記事一覧   大学生のはじめてのひとり暮らしでも安心!知っておくと安心の自分にぴったりな賃貸物件の選び方とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約