HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > コロナウイルスの感染を防止!近畿大学で実施されているプロジェクト

コロナウイルスの感染を防止!近畿大学で実施されているプロジェクト

≪ 前へ|おススメの物件紹介します!!   記事一覧   一人暮らしを少しでも楽にするためには?家電を使った時短対策方法を紹介!|次へ ≫

コロナウイルスの感染を防止!近畿大学で実施されているプロジェクト

カテゴリ:お役立ち情報

世界中で問題になっているコロナウイルス。

 

この事態に対して、さまざまな取り組みを実施している施設が複数あります。

 

その中の一つ、大阪にある近畿大学でも「"オール近大"新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト」という取り組みを実施しています。

 

コロナウイルスの影響力が強くなってできたプロジェクトであるため、同じ近畿大学に通っている大学生も詳しく知らない人がいるでしょう。

 

どのような内容か知ることで、問題を解決するための手助けになるかもしれません。

 

近畿大学で実施されているコロナウイルスプロジェクトの概要

 

コロナウイルスの感染を防止!近畿大学で実施されているプロジェクト

 

2020年5月15日からスタートした「"オール近大"新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト」。

 

医学などの幅広い知識を蓄えている総合大学、複数の学校と近畿大学の考え方をコロナウイルスの感染防止につながるのか取り組まれています。

 

多くの人が関わっているため、感染を防止するのにどのようにするべきか、複数の企画提案の中から72件採択されて、約1億3千万円の研究費をかけて行われることになりました。

 

地域を支援するのに、オンラインを活用する方法や感染が起こりにくくするため、データやAIを利用したアプリ開発するなど、多種多様な研究。

 

事態が改善に向かうように、行われているプロジェクトです。

 

近畿大学のコロナウイルスプロジェクトの企画提案について

 

複数の企画の中からどのような研究が行われているのか簡単にいくつか紹介していきます。

 

<抗体検査>

 

近畿大学病院が行っている抗体検査の研究で、市民300人から感染の状況が変わってくるのかデータを記録して、感染防止対策に努めています。

 

複数の人を対象に実施されているため、さまざまなケースのデータを取ることができるでしょう。

 

<新しいマスクの開発>

 

理工学部の教授が関わっているプラスチックの素材を使ったマスク。

 

布や紙などの素材と異なる優れた性能を生かし、接触感染などの防止に高い効果があるマスクを開発しています。

 

今後プラスチック製のマスクが多くの人に定着するのか、近畿大学にいる人たちに協力を仰ぎ、無料配布という形で検証をしていました。

 

コロナウイルスだけでなく、他の感染に対しての防染にもつながってくるものなので、効果が実証されれば将来の助けにもなるでしょう。

 

【近畿大学のコロナウイルスプロジェクトの企画提案について】

 

まとめ

 

近畿大学では、高額の研究費を活用して有意義な研究に取り組んでいます。

 

近畿大学の教授など、コロナウイルスと闘うために代表者としてさまざまな研究が実施されており、学生にとって身近なところで行われていることです。

 

問題を改善できるように、在学中の学生もプロジェクトに目を向けてみてください。

 

南光不動産株式会社では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。

 

東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
≪ 前へ|おススメの物件紹介します!!   記事一覧   一人暮らしを少しでも楽にするためには?家電を使った時短対策方法を紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約