HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 根強く人気「お風呂なし物件」女子大学生が快適に生活する方法とは?

根強く人気「お風呂なし物件」女子大学生が快適に生活する方法とは?

≪ 前へ|近畿大学で開始されたZoomによるWeb就職相談とは?   記事一覧   大学生のためのお部屋探し情報!家賃相場や人気の間取りをご紹介|次へ ≫

根強く人気「お風呂なし物件」女子大学生が快適に生活する方法とは?

カテゴリ:お役立ち情報

かつては一般的だったおお風呂なし物件ですが、近年ではほとんどの物件にお風呂がついており、おお風呂なし物件は少なめです。

 

しかし、お風呂なし物件は物件数としては少ないものの、実はいまだに根強い人気があります。

 

この記事では、お風呂なし物件のメリットやデメリットや、お風呂なし物件で女性が快適に過ごすための方法をご紹介します。

 

根強く人気「お風呂なし物件」女子大学生が快適に生活する方法とは?


根強く人気「お風呂なし物件」のメリット・デメリット


 

<お風呂なし物件のメリット>

 

まずは、お風呂なし物件のメリットを見ていきましょう。

 

・お風呂なし物件はほかの物件と比較して家賃が安い

・水道光熱費が安くなる

・お風呂のスペースがない分、部屋が広くなる

・部屋に湿気が入りにくい

 

エリアによっても違いがありますが、お風呂なし物件はお風呂付き物件に比べ、家賃が1~3万円程度安くなり、長い目でみるとかなりお得です。

 

<お風呂なし物件のデメリット>

 

次に、お風呂なし物件のデメリットを見てみましょう。

 

・好きな時間にお風呂に入れない

・友達や家族が泊まりに来たときに困る。

・天候によっては銭湯に行くのが億劫

 

家族や友人が部屋に泊まりに来たとき、部屋にお風呂がないとドン引きされる可能性もあるので、注意が必要です。

 

根強く人気「お風呂なし物件」で女性が快適に生活する方法


 

<近所の銭湯を使う>

 

もっとも無難・確実な方法は近所にある銭湯を利用する方法です。

 

ただ一回の料金が500円近い銭湯に毎日通うと月に15,000円の出費を覚悟しなければなりません。

 

ただ、それでも「家賃の安さ・水道光熱費カット」のメリットが大きいのであれば、銭湯を利用して生活する方法も十分ありです。

 

外出できない日は自宅のシンクで髪を洗う、体を拭くなどの方法もあります。

 

<近所の方にシャワーやお風呂を借りる>

 

もしシャワーやお風呂のついた部屋の住人と親しくなったら、お金を払ってシャワーやお風呂を使わせてもらう方法もあります。

 

大家さんと親しくなり「大家さんの自宅のお風呂に入れてください」とお願いできるほど親しくなればしめたもの。

 

<日本人が大好きなお風呂に異変が!>

 

日本人なら一日の終わりに湯船に肩までしっかり浸かり「あー、気持ちいいなぁ」と癒しタイムを満喫するのが当たり前!お風呂のない物件など考えられない、という方も多いと思います。

 

ところが、最近はお風呂に入らない若者が急増中!

 

都市部ではお風呂なしの極小ワンルーム賃貸物件が急増しており、お風呂の代わりにシャワーのみ設置しています。

 

お風呂なし物件は清潔好きな女子大学生にはハードルが高いのですが、お風呂なし・シャワー付き物件であれば抵抗感も少なそうです。

 

根強く人気「お風呂なし物件」女子大学生が快適に生活する方法とは?


まとめ

 

最近はあまり見かけなくなったお風呂なし物件ですが、家賃を抑えたい、水道光熱費をカットしたい、部屋を広く使いたい方にとっては魅力的です。

 

ただ、近所に銭湯などの入浴施設がないと正直かなり不便です。

 

物件のあるエリア状況をあらかじめ確認し、日常使いできる銭湯や温泉、24時間利用できる無人ジムなどがあるかどうかをチェックしましょう。

 

南光不動産では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。

 

東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|近畿大学で開始されたZoomによるWeb就職相談とは?   記事一覧   大学生のためのお部屋探し情報!家賃相場や人気の間取りをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約