HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 二重家賃を抑える一人暮らしの引っ越し初期費用節約方法

二重家賃を抑える一人暮らしの引っ越し初期費用節約方法

≪ 前へ|賃貸のエアコンは付けっぱなしがお得?電気代節約方法は?   記事一覧   どんな準備が必要なの?賃貸一人暮らしの台風対策|次へ ≫

二重家賃を抑える一人暮らしの引っ越し初期費用節約方法

カテゴリ:お役立ち情報

退去時と入居時に発生する二重家賃は、一人暮らしの引っ越し費用に大きな影響を及ぼします。

 

引っ越しするときの初期費用をなるべく抑えたい一人暮らしの方は、家賃の二重払いにも注目しましょう。

 

二重家賃を抑えるポイントを3つご紹介しますので、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

 

一人暮らしで二重家賃を抑える方法:オーナーなどと交渉する


一人暮らしで二重家賃


一人暮らしで新生活をするにあたり、二重家賃を抑える方法の1つ目は、新居への入居日を遅らせてもらうよう、オーナーや不動産会社と交渉するというものです。

 

引っ越し閑散期である46月・11月であれば、比較的応じてもらえるケースがあるため、相談しやすいでしょう。

 

旧居の退去日に合わせて、入居日を遅らせることができないか、確認してみましょう。

 

退去日は、不動産会社へ退去の連絡をした日から1ヶ月後が一般的ですが、物件によって異なります。

 

引っ越し前に、契約書を見たり不動産会社に問い合わせたりするなどして、退去までに必要な期間を、しっかり確認してくださいね。

 

一人暮らしで二重家賃を抑える方法:フリーレント物件を探す


二重家賃を節約できる方法の2つ目は、一人暮らしの新居として、フリーレント物件を探すというものです。

 

フリーレント物件とは、入居当初の数ヶ月間の家賃が無料になる賃貸物件です。

 

不動産会社やオーナーへの退去連絡が遅れて、旧居の退去日が新居の入居日以降になってしまっても、フリーレント期間内であれば、新居の家賃が発生しないので、家賃の二重払いを防げます。

 

人気のある物件なので、好みのお部屋を見つけたら、素早く行動をとるようにしましょう。

 

一人暮らしで二重家賃を抑える方法:入居日までの期間が長い物件を選ぶ


二重家賃を節約する3つ目の方法は、入居日までの期間が長い物件を選ぶことです。

 

入居中やリフォーム中の物件であれば、前の入居者の退去日やリフォーム完成日まで、ある程度の日数を要することが考えられます。

 

ただし、入居中やリフォーム中の物件は内覧できませんので、注意してくださいね。

 

また、完成前の新築物件であれば、申込日から入居日まで、1ヶ月以上かかるケースがあります。

 

申込日から入居日までの期間として、旧居の退去を連絡した日から退去日までの目安となる1ヶ月を確保できれば、二重家賃を最小限に抑えることができるでしょう。

 

1ヶ月はあくまで目安です。

 

詳細期間は、契約書などでしっかり確認をとってくださいね。

 

まとめ


二重家賃を抑えれば、一人暮らしの引っ越し初期費用を節約できます。

 

難しい節約方法ではないので、ぜひ、ご紹介したポイントを活用してくださいね。

 

核となる注意点は、「退去日を不動産会社などに知らせる日」です。

 

物件によって退去までの期間は異なるので、引っ越し検討当初にチェックを済ませておきましょう。

 

南光不動産株式会社では、近畿大学エリア周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。

 

東大阪市に関する賃貸物件情報に関するご相談は、弊社までお気軽にお問い合わせ下さい。

≪ 前へ|賃貸のエアコンは付けっぱなしがお得?電気代節約方法は?   記事一覧   どんな準備が必要なの?賃貸一人暮らしの台風対策|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約