HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 親に負担をかけたくない!学生が仕送りなしで一人暮らしする方法

親に負担をかけたくない!学生が仕送りなしで一人暮らしする方法

≪ 前へ|電気代はお得?一人暮らしでオール電化の賃貸物件   記事一覧   一人暮らしの家賃に税金はかかる?課税対象になる物件とならない物件|次へ ≫

親に負担をかけたくない!学生が仕送りなしで一人暮らしする方法

カテゴリ:お役立ち情報

大学生や専門学生が親元を離れて一人暮らしをはじめる場合、気になるのが引っ越しにかかる初期費用や毎月の生活費。

 

必要な金額を仕送りでまかなえる人は心配ありませんが「仕送りなしで頑張りたい!」と思っている人にとっては、とても大切な問題ですよね。

 

今回は、学生が仕送りなしで自立した一人暮らしをするために知っておきたい必要経費や、費用をできるだけ抑えるためのポイントをご紹介します。

 

仕送りなしでも大丈夫?一人暮らしスタートにかかる初期費用


初期費用


一人暮らしをスタートさせる上で、まず必要になるのが引っ越し費用や家具家電などの生活必需品の購入費、部屋を借りるために必要な入居費などの初期費用です。

 

引っ越し費用や家具家電の購入費は、人によって違ってくると思いますが、ここでは約10万円と見ておきます。

 

そして、家賃6万円の賃貸物件を借りる場合、入居費として敷金・礼金・前家賃・火災保険など諸々合わせて約30万円がかかります。

 

上記を合わせた初期費用は、約40万円。

 

学生にとっては金額が大きく、自分で用意するのは大変かもしれません。

 

預金がある人以外は、多少の援助が必要になりそうですね。

 

仕送りなしでもがんばれる?毎月かかる一人暮らしの生活費


生活費


次に、毎月の生活費を見ていきましょう。

 

家賃を前項と同じ約6万円とした場合、学生の自立した一人暮らしに必要な生活費は、毎月1315万円ほどになります。

 

その内訳は、家賃・食費・水道光熱費・通信費・交際費・趣味にかかる費用・教材費や急な出費に備えた費用です。

 

仕送りなしで生活するためにはアルバイトでお金を稼ぐ必要があるので、自炊をして食費を抑えたり、あまりお金のかかる趣味は控えたりと、自分にできる節約を心がけることが必須。

 

学業との両立を考えると、あまり長時間アルバイトに費やすわけにもいきませんから、なるべく毎月の固定費を削減する必要がありそうです。

 

まとめ


以上のように、仕送りなしで一人暮らしするためには決して少なくないお金が必要です。

 

中でも生活費の半分近いパーセンテージを占めているのが家賃。

 

そのため、できるだけ手頃な家賃の物件を探すことが重要になってきます。

 

そんな希望を考慮して物件を紹介している学生専門の不動産会社などもありますので、「仕送りなし」という事情も含めて相談してみるのもおすすめです。

 


親に負担をかけず仕送りなしで学生生活を送る場合、まずはしっかり必要な費用を把握して生活の計画を立てることが大切です。

 

物件を探したり、アルバイトと学業のバランスを考えたりと大変なことは確かですが、若い頃から自立して経済感覚を身につけることは将来きっと役立つはず。

 

仕送りなしで一人暮らしを頑張りたいという学生の方は、ぜひ上記を参考にしてみてくださいね。

 

南光不動産株式会社では、東大阪市の賃貸物件をご紹介しています。

 

東大阪市は大学や専門学校がいくつもあることから学生向けの物件が多く、当社でも近畿大学の学生を中心にお部屋探しをサポートしています。

 

家賃が低めの物件もご紹介できるので、大学や専門学校への進学を機に一人暮らしを検討しているという方は、ぜひ当社までお問い合わせください

≪ 前へ|電気代はお得?一人暮らしでオール電化の賃貸物件   記事一覧   一人暮らしの家賃に税金はかかる?課税対象になる物件とならない物件|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約