HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 一人暮らしで賃貸戸建てに住むのはアリ?メリットや注意点を紹介します

一人暮らしで賃貸戸建てに住むのはアリ?メリットや注意点を紹介します

≪ 前へ|一人暮らしで賃貸物件を借りる時に加入する火災保険の保険料や相場は?   記事一覧   一人暮らしをするときのアパートの耐震性を見極める方法とは?|次へ ≫

一人暮らしで賃貸戸建てに住むのはアリ?メリットや注意点を紹介します

カテゴリ:お役立ち情報

住まいの多様化により、賃貸で戸建てに住む人が増えています。

 

その多くは居住人数の多いファミリーですが、一人暮らしで戸建てを選ぶ人もいます。

 

集合住宅では得られないメリットやできること、注意点を解説します。

 

一人暮らし:戸建てでできること


戸建て


集合住宅と比較して、戸建てはできることの範囲が格段にアップするでしょう。

 

自身のライフスタイルとマッチすれば、マンションよりも快適です。

 

・家の広さを生かせる

 

戸建て最大のメリットは、家の広さです。

 

どんなに狭小な住宅でも、集合住宅のワンルームや1K程度の間取りしかないケースは少ないです。

 

キッチンやリビングから独立した寝室や居室を持てますし、収納スペースにもゆとりがあります。

 

荷物の多い人や書斎・趣味部屋が欲しい方は、一人暮らしでも戸建てがおすすめでしょう。

 

・車やバイク置き場がある

 

戸建てにはガレージがあることが多く、駐車場を借りる手間とコストを節約することができます。

 

ガレージがなくても、バイク程度なら敷地内における可能性が高いです。

 

また、高価なロードバイクは、屋内保管することも可能でしょう。

 

・細かいルールがない

 

集合住宅ではありませんから、賃貸マンションのような共用部に関するルールはありません。

 

近隣住民へ配慮すれば、ペット飼育や楽器演奏もできます。

 

隣戸や階下へ響く生活音に気を使わず住むので、生活が不規則な人でも気楽に暮らせるでしょう。

 

一人暮らしで戸建ては面倒?


防犯


・防犯対策が必要

 

マンションと異なり、オートロックのエントランスがありませんから、日頃の戸締りは十分に気をつけてください。

 

特に、空き巣の侵入経路として多い窓には注意してください。

 

日頃からご近所付き合いを深め、不審者情報が入りやすい状態にしておくのもおすすめです。

 

・住居の管理が大変

 

一人暮らしを想定していない間取りの場合、住居の管理が面倒です。

 

日頃の清掃範囲が広いだけでなく、水道やガストラブル等が発生すればその対応が必要です。

 

費用はオーナー負担でも立ち会いは、借主がしなければならないことが多く、戸建ては確認箇所が多いので時間がかかりがちです。

 

とはいえ、修繕積立金を自分で工面する必要がなく、気軽に転居できるのは賃貸のメリットといえるでしょう。

 

・町内ルールに従う必要がある

 

戸建てには、集合住宅のような規則はありませんが、町内会のルールには従わなければなりません。

 

共有しているゴミステーションの清掃当番がありますし、町内会の係分担を任されることもあります。

 

町内の清掃活動や防犯パトロール、回覧板や町内イベントの当番は世帯単位なので賃貸戸建てでも負担は同じです。

 

ゴミ出し管理くらいしかない町内会もありますが、一人暮らしでは面倒に感じることがあるので注意してください。

 

まとめ



一人暮らしの戸建てに住んでできることや、注意点を紹介しました。

 

何かと面倒なこともありますが、人付き合いを楽しめる方にはメリットが多い暮らし方です。

 

私たち南光不動産株式会社では、賃貸物件を豊富に取り揃えております。

 

ぜひ、当社へお気軽にお問合せください。

≪ 前へ|一人暮らしで賃貸物件を借りる時に加入する火災保険の保険料や相場は?   記事一覧   一人暮らしをするときのアパートの耐震性を見極める方法とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約