HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸と一緒に契約している駐車場に無断駐車された場合の防止策

賃貸と一緒に契約している駐車場に無断駐車された場合の防止策

≪ 前へ|インターネット回線が使える賃貸でも「対応」と「完備」はどう違う?   記事一覧   初めての一人暮らしの方への賃貸契約の必要書類を紹介! |次へ ≫

賃貸と一緒に契約している駐車場に無断駐車された場合の防止策

カテゴリ:お役立ち情報

初めて賃貸で一人暮らしをする方の中には、物件と一緒に駐車場も契約しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、よくあるトラブルが契約しているにもかかわらず、他の人が無断駐車をしているケースです。

 

一度起きると常習的に行われてしまいます。

 

この場合には、一体どうすればいいのでしょうか。

 

今回は賃貸物件の駐車場で無断駐車を防止する対策について紹介します。

 

賃貸物件の駐車場で無断駐車が起きたら


駐車禁止


無断駐車が起きる原因として、空きスペースだと勘違いされている可能性があります。

 

そう認識されると何度も無断駐車が続いてしまう可能性があります。

 

その場合には、契約している区画であることを認識させるため、契約者がいる旨を表示しましょう。

 

まずは「契約済」「無断駐車禁止」などの看板を立てると効果があるかもしれません。

 

もっと明確にするなら、契約する車のナンバーを記載すると良いでしょう。

 

これで無断駐車された場合にも、契約車ではない車が停まっていると周りから見てわかるので、無断駐車しにくい状況になります。

 

また、自身の車を置いていない間にはカラーコーンなどを置く対策もしてみましょう。

 

何か物を置くだけでも、停めることに抵抗感を感じるかもしれません。

 

賃貸物件の駐車場での無断駐車 それでも続けられたら…


先に述べた防止方法を行っていても、無断駐車をする悪質な人はいます。

 

ではこの場合はどうすればいいでしょう。

 

その場合は警察に通報しましょう。

 

賃貸物件の駐車場は私有地なので、警察がすぐ車を撤去するなどの行動を起こすことはできない可能性が大きいです。

 

しかし警察が来たという事実があれば、相手にも大きなインパクトを与えることでしょう。

 

その他、警告文を貼り無断駐車の現場写真を撮って、証拠を残しておきましょう。

 

もし損害賠償に関する話になれば、その証拠によって有利になります。

 

ただし、相手の車を傷つけてしまうような警告文の貼り方は、逆に損害賠償を請求されてしまう可能性があるので避けましょう。

 

賃貸物件の駐車場での無断駐車 これはやってはダメ


これはやってはダメ


自分でレッカー屋に依頼して無断駐車の車を撤去するという方法がありますが、これはやってはいけない行為です。

 

この行為も無断でやっていることになるので、問題になる可能性があります。

 

何度も無断駐車されると、自分で撤去してしまいたい気持ちはわかりますが、そこはグッとこらえて、適切な対策を練るようにしましょう。

 

まとめ


賃貸物件の駐車場での無断駐車はみなさんにも起きやすいトラブルです。

 

自分の駐車スペースには、看板やカラーコーンを置くなどして、事前にトラブルを防止することをおすすめします。

 

また、万が一無断駐車された場合には、警察に通報し適切な対応を行うようにしましょう。

 

東大阪市で一人暮らしを考えている学生さん向けの賃貸物件探しは、南光不動産株式会社までぜひお問い合わせください

≪ 前へ|インターネット回線が使える賃貸でも「対応」と「完備」はどう違う?   記事一覧   初めての一人暮らしの方への賃貸契約の必要書類を紹介! |次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約