HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸物件の管理費はあった方がいい?ない方がいい?

賃貸物件の管理費はあった方がいい?ない方がいい?

≪ 前へ|地域の魅力を堪能できる東大阪市の「まち歩きコース」とは?   記事一覧   何時まで洗濯機を回せるの?ベランダに洗濯機があるならトラブルに注意しよう!|次へ ≫

賃貸物件の管理費はあった方がいい?ない方がいい?

カテゴリ:お役立ち情報

賃貸物件を探していると、家賃とは別で管理費が設定されているものがありますが、これはどういったもので、なぜ建物によって金額もまちまちなのでしょうか。

 

今回は、管理費の意味や、あった方がいいのかどうかについてご紹介します。


賃貸物件の管理費① 管理費とは何?


賃貸物件の管理費について


管理費とは、その言葉通りマンションやアパートを管理するための費用です。

 

共用部分である廊下やエレベーター、電灯、さらには監視カメラやオートロックなどの設備に至るまで、清掃、保守点検、メンテナンスに費用がかかっているのをご存知でしょうか。

 

管理費とは、それら全般をまかなうためのものとされています。

 

共益費というものもありますが、基本的にはほとんど同じものと考えてよいでしょう。


賃貸物件の管理費② なぜ物件ごとに金額が違うの?


管理費は、その建物の設備や規模によっても金額が変わります。

 

エレベーターがない建物であればその分安くなりますし、オートロックやメールボックスなどの設備が充実している建物であれば、1万円以上になることも珍しくありません。

 

また、管理費は年間にかかる費用を住戸数と月で割って決められるため、総戸数が少ない建物は、一人当たりの金額も大きくなる傾向にあります。

 

一方で総戸数が多くても、エレベーターなどの設備が多い場合や、高層マンションなどの場合も、やはり高くなります。

 

ちなみに、マンションとアパートで比較した場合、マンションの方が高くなることが多いです。


賃貸物件の管理費③ 管理費がない物件はお得なの?


賃貸物件の管理費について


マンションやアパートの管理は、大家さんが行なっている場合と、管理会社に委託している場合があります。

 

大家さんが管理をしている場合は、手元に入ってくる金額は同じですから、家賃に含めてしまっているケースもあります。

 

一方で管理会社に任せている場合は、はっきり分けるために家賃と管理費を別で設定していることが多いため、必ずしも0だからお得とは限りません。

 

また、家賃が安かったり古い建物だったりする場合は、まれに管理自体がされていない場合がありますが、こういった物件はあまりおすすめできません。

 

管理費は、あくまでもその建物を管理する質の目安、と考えておくとよいでしょう。


まとめ


手数料や更新料などは「家賃の○ヶ月分」とされることが多いため、考えようによっては、管理費が高くても別に設定されている方がお得、とも言えます。

 

いずれにしても、管理をするためのお金は、ほとんどの賃貸物件で必要なものです。

 

なぜこの金額なのだろうと疑問に思った場合は、内覧の際にその建物の設備や共用部分の設備を確認するようにしましょう。

 

私たち南光不動産株式会社では、管理費・共益費ゼロの物件なども取り揃えております。

 

「管理費が設定されている物件とそうでない物件を比較したい」など、賃貸物件を探す皆様のご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|地域の魅力を堪能できる東大阪市の「まち歩きコース」とは?   記事一覧   何時まで洗濯機を回せるの?ベランダに洗濯機があるならトラブルに注意しよう!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約