HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > はじめての賃貸契約 入居審査の電話確認とは!?

はじめての賃貸契約 入居審査の電話確認とは!?

≪ 前へ|初めての一人暮らし 不動産会社に電話で問い合わせる時のポイントは?   記事一覧   なんで必要なの? 賃貸契約における緊急連絡先の意味とは!?|次へ ≫

はじめての賃貸契約 入居審査の電話確認とは!?

カテゴリ:お役立ち情報

春から一人暮らしを始める学生さんも多いと思います。

 

住む部屋を決めたらいよいよ賃貸契約ですが、入居審査の機関に不動産会社から電話がくることもあります。

 

電話では何を聞かれるのか?審査にどのくらい影響するのか?

 

審査に不安な要素がなかったとしても、やっぱり気になりますよね。

 

今回は、入居審査を通るためにも抑えるべきポイントをお伝えします。


入居時の電話確認

 

賃貸の入居審査の電話 どこに電話するの?


賃貸契約における入居審査の際、本人や連来保証人、緊急連絡先などに連絡をする場合があります。

 

すでに賃貸契約をしたことのある人のなかには、電話確認がなかった人もいるかもしれません。

 

電話確認がないケースも多いですが、来ると考えておいたほうが慌てずにすみますよ。

 

入居審査で電話確認を行うのは、記載内容の事実確認および家賃の支払いが継続で行える状況であるかを確認するためです。

 

記入した内容や自身の過去の経緯に問題がなくても、他の理由で行うこともあります。

 

たとえば賃貸物件のオーナーの意向です。

 

不動産会社側では連絡の必要がない場合でも、オーナー側の意向で家賃の回収率を高めるために行うケースもあります。

 

また住んでいる地域や契約期間、家賃の金額などによっても連絡するケースがあります。

 

一般的に電話確認の有無は不動産会社では教えてくれないケースが多いです。

 

こちらから質問すれば教えてくれるかもしれませんが、逆に疑われて入居審査がスムーズにいかない可能性もあるので注意してくださいね。

 

賃貸の入居審査の電話 抑えるべきポイントは


電話確認はきちんと受け答えをすれば問題なく通りますが、電話に出ずに対応をしないことはNGです。

 

学校や仕事などで電話に出られなかった場合は、折返しかけるか、再度電話がかかってきた際に取れるようにしておきましょう。

 

もし留守番電話にメッセージが残っていれば必ず聞き、折返しの指示などに従ってください。

 

また連帯保証人や緊急連絡先にも不動産会社からの電話が来るかもしれない旨を伝えておきましょう。

 

本人との電話に問題が無かった場合でも、連帯保証人や緊急連絡先の人との連絡が取れない場合、審査が長引く可能性もあります。

 

審査にスムーズに通るためにも、連帯保証人や緊急連絡先の人に失礼がないようにするためにも、きちんと電話確認の可能性を伝えておきましょう。


賃貸契約の書類

 

まとめ


いかがでしたか?

 

賃貸契約の際には入居審査のための電話確認を行う可能性があります。

 

電話での審査を必須としている不動産会社もありますので、自分はもちろん各連絡先にもきちんと電話に出て対応してもらうようにしましょう。

 

審査をスムーズに通過させて、快適な新生活を送ってくださいね。

 

南光不動産株式会社では、はじめての1人暮らしの方にオススメの賃貸物件を多数ご用意しております。

 

お引越しやお部屋探しに関するご相談は、南光不動産株式会社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|初めての一人暮らし 不動産会社に電話で問い合わせる時のポイントは?   記事一覧   なんで必要なの? 賃貸契約における緊急連絡先の意味とは!?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約