HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 不動産会社にメールで問い合わせる時に知っておきたい3つのポイント

不動産会社にメールで問い合わせる時に知っておきたい3つのポイント

≪ 前へ|賃貸物件に入居する前に申込ってキャンセルってできるの?   記事一覧   東大阪市のおすすめ地域情報は『枚岡いこいこまちブラMAP』をチェック!|次へ ≫

不動産会社にメールで問い合わせる時に知っておきたい3つのポイント

カテゴリ:お役立ち情報

インターネットで物件を検索していると、問い合わせフォームや記載されている連絡先から、その物件を担当している不動産会社にメールすることができます。

 

遠方に住んでいて直接不動産会社に行く時間が取れない場合でも、気になる物件情報やその他のおすすめ物件情報のことを聞けるメールはとても便利なものです。

 

今回は、不動産会社にメールで部屋探しについて問い合わせる際のポイントをご紹介します。


不動産会社へのお問い合わせメールについて1



不動産会社とのメールのやり取りで押さえたいポイント


不動産会社に送るメールのマナーは、基本的にはビジネスメールと同じと考えましょう。

 

必要以上にかしこまらなくても大丈夫ですが、慣れていない場合はネットで例文を探して参考にするとスムーズです。

 

ただ、メールはリアルタイムでのやりとりが難しいため、先方からの連絡を待ってまたこちらから返事をして…というやりとりに、どうしても時間がかかってしまいます。

 

例えば気になる物件の空室確認をする場合、何度も質問をしてやりとりに時間がかかってしまうと、その間に他の入居者が決まってしまうこともあります。

 

そのため、必要な情報や聞きたいことは、漏れなくはっきりと記載することを心がけましょう。



不動産会社にメールで空室状況を確認するときのポイント


空室状況を確認したいときは、自分の氏名と連絡先などの情報、物件名と空室状況を知りたい旨、さらに設備や費用のことで質問があればそれも書いておきます。

 

また、質問に対する返事は電話の場合もあるので、連絡先には電話番号と繋がりやすい時間帯も書いておくと、やりとりがスムーズにいきます。

 

さらに、引越し予定日などの都合があれば、いつまでに回答が欲しい、またはいつまでに引越したいという事も伝えておくと、相手も配慮してくれます。


不動産会社へのお問い合わせメールについて2



不動産会社に物件を紹介してほしいときの問い合わせメールの作成ポイント


遠方に住んでいてなかなか現地まで来店できない場合は、メールで物件の紹介を依頼する事もできます。

 

気になった物件の問い合わせをする際に、希望条件を伝えて他に該当する物件があれば紹介してほしい、と伝えるのも手です。

 

希望条件を伝える際はなるべく箇条書きにして、さらに希望条件の中の優先順位も伝えておきましょう。

 

空室確認や質問は電話でのやり取りの方がスムーズな場合もありますが、物件を紹介してほしい場合はメールの方が、やり取りが記録に残ったり写真や間取りなどの情報をデータで送ってもらえたりと、メリットも多くおすすめです。



まとめ


不動産会社は、来店したお客さんや電話での問い合わせを優先することもあります。

 

可能であれば電話とメールをその都度使い分けて、うまく情報をもらいつつ動くのがおすすめです。

 

この春から一人暮らしを始める学生さんは、これから部屋探しのピークを迎える前にぜひ今回ご紹介したポイントを参考にしてみてくださいね。

 

東大阪市・八尾市で一人暮らしを始めるなら、南光不動産株式会社までお気軽にお問い合わせください

≪ 前へ|賃貸物件に入居する前に申込ってキャンセルってできるの?   記事一覧   東大阪市のおすすめ地域情報は『枚岡いこいこまちブラMAP』をチェック!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約