HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 初めての一人暮らし 24時間ゴミ出し可能な賃貸物件の方がいいの?

初めての一人暮らし 24時間ゴミ出し可能な賃貸物件の方がいいの?

≪ 前へ|八尾市にあるアーケード商店街「八尾ファミリーロード」の魅力とは?   記事一覧   ディンプルキーの防犯性能は?初めての一人暮らしにもおすすめ!|次へ ≫

初めての一人暮らし 24時間ゴミ出し可能な賃貸物件の方がいいの?

カテゴリ:お役立ち情報

自治体ごとにルールが異なるゴミ出しは、慣れるまでに結構時間がかかるもの。

 

24時間ゴミ出し可能の賃貸物件であれば、いつでもゴミを捨てることができるため便利です。

 

今回は、24時間ゴミ出し可能な物件のメリット、デメリットについてご紹介します。

 

一人暮らしの場合、ゴミ出しはどうする?


一人暮らしのごみの出し方


通常、自治体ではゴミの種類によって曜日別に収集を行っています。

 

そのため収集される日まではゴミを自宅に置いておかなければなりませんが、賃貸で一人暮らしの場合はキッチンに十分なスペースがない場合も多いです。

 

ゴミ箱やゴミ袋で場所を取るだけでなく、夏場は特に衛生面や臭いにも気を使う必要があるため、ゴミを部屋に置いておくことにストレスを感じる人も多いのではないでしょうか。

 

また、場所や時間が決まっているため、当日の朝寝過ごしてしまったり、うっかり収集日を忘れていたために次の収集日まで待たなければならない…というケースもよくあります。

 

24時間ゴミ出し可能な物件のメリットは?


24時間ゴミ出し可能な物件であれば、曜日や時間を気にすることなくゴミを捨てることができます。

 

こまめにゴミを捨てられるので衛生面の管理も楽ですし、収集日にゴミが出せなかったとしても、集積場に出しておけば次の収集日に持っていってもらえます。

 

特に夏場はどうしても生ゴミの臭いが気になりますし、虫に悩まされることもしばしばで、いつでもゴミが出せる環境は重宝します。

 

仕事で夜遅かったり時間が不規則な場合は、特に助かるのではないでしょうか。

 

24時間ゴミ出し可能な物件のデメリットは?


一人暮らしのごみの出し方


メリットばかりに感じる24時間ゴミ出し可能な物件ですが、考えられるデメリットもいくつかあります。

 

まず、常にゴミが置かれていることが多いため、集積場が不衛生になりがちです。

 

特にお部屋が集積場の近くの場合は、虫などに気を使う必要があるかもしれません。

 

また、夜中にゴミを出す人もいるため、集積場の扉の開け閉めや缶などのゴミを捨てる音が響いて、気になることもあります。

 

必ずしもこうした問題があるとは限りませんが、メリットだけではないことも頭に入れておくとよいでしょう。

 

まとめ


24時間ゴミ出し可能の賃貸物件はやはり便利という声も多く、一度住んだら次からも物件探しの条件にする人が多いようです。

 

綺麗好きな方や仕事などで時間が不規則な方は、特に優先して考えても良いと思います。

 

もし自分が住むことになった場合は、気持ちよく集積場が使えるようにマナーにも十分注意して暮らしたいものですね。

 

私たち南光不動産株式会社では、近畿大学生向けの賃貸物件を多数ご紹介しております。

 

不動産探しで何かご不明な点等ございましたら、お気軽に当社スタッフまでお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|八尾市にあるアーケード商店街「八尾ファミリーロード」の魅力とは?   記事一覧   ディンプルキーの防犯性能は?初めての一人暮らしにもおすすめ!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約