06-6722-8070

営業時間:10:00~18:00

定休日:不定休

近畿大学エリアの学生向け賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > ロフトって便利?はじめてのお部屋を探す方向けのロフト紹介

ロフトって便利?はじめてのお部屋を探す方向けのロフト紹介

≪ 前へ|【オシャレ設備】ウォークインクローゼットのメリットデメリット   記事一覧   カウンターキッチンは必要?はじめてのお部屋探しの検討ポイント|次へ ≫

ロフトって便利?はじめてのお部屋を探す方向けのロフト紹介

カテゴリ:お役立ち情報

主に一人暮らし向け賃貸の設備として、すっかりおなじみになっている「ロフト」。

 

これから一人暮らしを始めるに当たって賃貸物件を探す際、ロフトのある部屋にしたいそう思う方も多いのではないでしょうか。

 

でも実際、名前は知っているけどどんなものなのか?

 

今回は知っているようで案外知らない、ロフトのことについて解説します。

 

ロフトとは「小さな屋根裏部屋」


ロフト付き賃貸物件


ロフトはもともとアメリカ発祥で、倉庫などを住宅用に改修する際、屋根裏スペースに部屋を設けたのが始まりと言われています。

 

言わば、小さな屋根裏部屋です。

 

現在日本の賃貸住宅で一般的に見られるロフトは、一人暮らしの方などを対象に、1階建てでも一部を2層式にして、その上部を住居スペースにしている構造を指します。

 

そのスペースまでは、ハシゴや階段で行き来することになります。

 

 ロフトのメリット

 

メリットとしては、何と言っても使えるスペースが増えることです。

 

通常なら空間となっているところを住居スペースとして活用できるわけで、広い意味では空間の有効活用に当たるものと言えます。

 

物置にしたり寝室にしたり、あるいは趣味のスペースにしたりと使い方はいろいろ。

 

たとえワンルームの賃貸であっても、まるで部屋がもう1つ増えたかのような使い勝手を実現できます。

 

ロフトのデメリット


ロフト付き賃貸物件


一方デメリットとしては、どうしても暑くなりがちなことが挙げられます。

 

熱い空気は上昇するため、下のフロアに比べるとロフトはどうしても暑くなります。

 

窓がある場合はまだ暑さもしのげますが、ない場合だとロフトで過ごすのは厳しくなるでしょう。

 

その場合は寝室など人が過ごす場所としての活用は難しくなり、物置として活用する方が現実的です。

 

また階段であればともかく、ハシゴなど昇り降りが必要なのもデメリットとして挙げられます。

 

寝ぼけやすい人や体調を崩し高熱がある時、お酒を飲んで酔っ払って帰宅することが多い方はロフトを寝室として使うことは避けた方がよいでしょう。

 

家賃の点でも、ロフトが付いているのと付いていないのでは、やはりロフト付きの物件の方が高めに設定されています。

 

まとめ


使いようによっては便利なロフトですが、実際に使う上でデメリットもいろいろあります。

 

特に人が過ごす場所として考える場合は、暑さ対策を十分考慮しておきましょう。

 

南光不動産株式会社では、近畿大学生向けの賃貸物件を多数取り扱っております。

 

またロフト付きの物件も多数ご紹介していますので、お気軽に当社スタッフまでお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|【オシャレ設備】ウォークインクローゼットのメリットデメリット   記事一覧   カウンターキッチンは必要?はじめてのお部屋探しの検討ポイント|次へ ≫

 おすすめ物件


Le Grand Lotus

Le Grand Lotusの画像

賃料
5.65万円
種別
アパート
住所
大阪府東大阪市大蓮東5丁目
交通
弥刀駅
徒歩10分

ヴェール近大前(近畿大学 一人暮らし)

ヴェール近大前(近畿大学 一人暮らし)の画像

賃料
5.9万円
種別
マンション
住所
大阪府東大阪市小若江3丁目
交通
長瀬駅
徒歩14分

TKS近大前(近畿大学 一人暮らし)

TKS近大前(近畿大学 一人暮らし)の画像

賃料
5.8万円
種別
アパート
住所
大阪府東大阪市小若江4丁目
交通
長瀬駅
徒歩8分

宝持レカンⅡ

宝持レカンⅡの画像

賃料
5.05万円
種別
マンション
住所
大阪府東大阪市宝持4丁目
交通
八戸ノ里駅
徒歩13分

トップへ戻る

来店予約