HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 【オシャレ設備】ウォークインクローゼットのメリットデメリット

【オシャレ設備】ウォークインクローゼットのメリットデメリット

≪ 前へ|近畿大学の学園祭「生駒祭」に行ってみよう!   記事一覧   ロフトって便利?はじめてのお部屋を探す方向けのロフト紹介|次へ ≫

【オシャレ設備】ウォークインクローゼットのメリットデメリット

カテゴリ:お役立ち情報

ウォークインクローゼットはどんな収納?


ウォークインクローゼットは押し入れやクローゼットとは異なり、収納空間に人が作業できるスペースがあります。

 

一般的には、棚とハンガーポールが壁の片側や両側に取り付けてあり、クローゼットの形に合わせた大容量の収納が可能です。

 

靴・鞄・帽子の小物類など、身の回り用品を一カ所に集約できるので、効率的なコーディネートができ、時間のない身支度時に便利でしょう。

 

扇風機や暖房器具などの季節用品もしまえて使い方の幅が広いです。


賃貸のウォークインクローゼットについて



 

ウォークインクローゼット収納のメリット

 

   持ち物の管理がしやすい

ポールと棚による収納が基本となるので、全てを見渡すことができて持ち物管理がしやすいです。

 

   収納力が高い

スーツケースをしまえるなど、大型の荷物も収められて部屋がすっきりします。

 

   部屋の使い勝手が上がる

クローゼットや押し入れと違って扉が1枚なので、居住スペース壁面の使い勝手が上がります。

 

全体的なメリットは、その収納力による部屋のスッキリ感でしょう。

 

急な来客時に一時的にモノを入れておくこともできますね。


賃貸のウォークインクローゼットについて2



ウォークインクローゼット収納のデメリット


   こまめな掃除が必要

人通りのある小さな部屋と変わらないので、ほこりが溜まりやすく、こまめな掃除が必要です。

 

   無駄なスペースが生まれる場合もある

有効活用できずデッドスペースができたり、実はクローゼットで十分だったりと、場合によってはウォークインクローゼットの意味をなしません。

 

   居住スペースが減る

人の動くスペースが必要なため、その分、居住用の空間が狭くなります。

 

空間の使い方により、デメリットは人によって変化しそうです。

 

収納としての人気から、とってつけたようなウォークインクローゼットの場合もありますので、実用性のチェックをしっかり行いましょう。


 

まとめ


ウォークインクローゼットは収納力が高く、使いこなせれば部屋をすっきりと保て、モノの管理を楽にしてくれます。

 

ウォークスルー型といって廊下のように通り抜けられるタイプは動線効率に優れ、空気がこもらず風通しも良いです。

 

人によってはウォークインタイプが合わない場合もありますので、自分の生活スタイルや性格に合ったものを選んでくださいね。

 

南光不動産株式会社では近畿大学生向けの賃貸物件を多数取り扱っております。

 

ご希望に沿ったお部屋探しのお手伝いを致しますので、当社までお気軽にお問い合わせくださいませ。

≪ 前へ|近畿大学の学園祭「生駒祭」に行ってみよう!   記事一覧   ロフトって便利?はじめてのお部屋を探す方向けのロフト紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約