HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 寒がりさんに嬉しい床暖房付き賃貸で足元から温める!

寒がりさんに嬉しい床暖房付き賃貸で足元から温める!

≪ 前へ|賃貸物件の火災保険とは?自然災害に遭ったときにやるべきこと   記事一覧   一人暮らしの節約しやすいのはスーパーとコンビニどっち?|次へ ≫

寒がりさんに嬉しい床暖房付き賃貸で足元から温める!

カテゴリ:お役立ち情報

真冬のフローリングは、見ただけでも寒くなりますよね。

 

分厚い靴下を履いたり、絨毯を敷き詰めて寒さをしのいだり…。

 

賃貸物件はエアコンの取り付けが常識と考えられていましたが、床暖房の賃貸物件も増えてきています。

 

安心・安全なイメージのある床暖房ですが、実際はどういったものなのかをご紹介します。

 

じんわり温かい床暖房付き賃貸のメリットとは?


床暖房付き賃貸


そもそも床暖房には、大きく分けて2種類のものがあります。

 

1つ目は温水式で、これは電気、灯油、ガスのいずれかの熱源を利用します。

 

住まいの床下にある配管のお湯を温め、部屋を温かくします。

 

2つ目は電気式のものです。熱源は電気なので、温水式よりも部屋の温まる時間が早くなります。

 

そしてエアコンやストーブとは違い、温かい風を発生させて部屋を循環させるものではないので、部屋の中に乾燥した空気を発生させません。

 

冬の乾燥は風邪の原因にもなるので、その点床暖房は空気も汚さず乾燥もしません。

 

また、足元からじんわりと温まるので、エアコンを使用した時の「顔はほてっているけど足先は冷たい」ということがありません。

 

そして床は安全性が高いことでも知られ、火災の心配もほぼありません。

 

知っておきたい床暖房付き賃貸のデメリット


床暖房付き賃貸


床暖房の魅力の一つとして、「じんわり温かい」ということがありますが、やはりその分部屋が温まるのが遅いです。

 

エアコンやストーブはスイッチを入れればすぐに温風が部屋中をまわりますが、床暖房はまず床を温めるので、部屋全体が温まるまでおよそ1時間くらいかかります。

 

また、他のデメリットとして、常に45度前後の温度で床の温かさを保っています。

 

45度というと温泉の温度よりは低いですが、長時間直接触れていると低温やけどの恐れも否めません。

 

心地良い暖かさを感じるとついうとうとしてしまいますが、そのままうっかり寝てしまうと低温やけどをしてしまうので、くれぐれもご注意ください。

 

まとめ


以前は床暖房付きの物件といえば、一戸建てやファミリー向けの分譲マンションなどが主流でしたが、近年は賃貸物件でも付いている物件が少しずつ増えてきました。

 

寒さが苦手な人にとっては、冷えやすい足元を温める設備が付いているお部屋は嬉しいですね。

 

この「じんわり温かい」がくせになるという人も多く、賃貸物件も含めて需要も増えているのでしょう。

 

温まるまでの時間が多少かかるなどのデメリットもありますが、安心で快適に過ごせる賃貸物件の一つとして、参考にしてみてください。

 

私達南光不動産株式会社は、東大阪市の近畿大学生向けの賃貸物件を多数取り扱っております。

 

床暖房付きの賃貸物件情報もございますので、お気軽にお問わせ下さいませ。

≪ 前へ|賃貸物件の火災保険とは?自然災害に遭ったときにやるべきこと   記事一覧   一人暮らしの節約しやすいのはスーパーとコンビニどっち?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約