HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 賃貸物件をお探しの際は八尾市の防災マップをチェックしよう!

賃貸物件をお探しの際は八尾市の防災マップをチェックしよう!

≪ 前へ|近畿大学でスタートしたアマゾンの学生向けのサービスとは?   記事一覧   学生の一人暮らしにも経済的なウォーターサーバー|次へ ≫

賃貸物件をお探しの際は八尾市の防災マップをチェックしよう!

カテゴリ:地域の情報

全国で地震や台風など様々な自然災害が起こっていますが、皆さんは普段から何か対策は行っていますか?

 

私が住んでいる地域は大丈夫!と安易に考えている方ほど防災に対しての意識は薄いです。

 

いつ起こるか分からない災害に備えられるよう八尾市では「やお防災マップ」を作成しました。

 

やお防災マップとは?


やお防災マップ


「やお防災マップ」は地震や洪水、土砂災害など各地域の避難経路や避難場所が掲載されています。

 

またそれ以外にも、災害時に必要となる病院や消防署、飲料水などを供給できるライフラインの場所なども載っていますのでお住まいの地域は確認しておきましょう。

 

また、常に家にいるとは限らないので、学校や職場周りも確認して置くといいですよ。

 

地域によっては土砂災害の可能性がある場所や、浸水の恐れのある地域もありますので、賃貸物件を探す前に一度見ておくと良いですね。


大和川付近にお住いの場合


やお防災マップ


「やお防災マップ」には鬼怒川の氾濫を踏まえ大和川が氾濫した場合の浸水想定を見直し、想定最大規模の浸水想定(1000年以上に発生する確率の大雨)を追加しています。

 

家屋倒壊などをもたらす氾濫が発生した場合の想定区域を示した「家屋倒壊等氾濫想定区域」も追加されていますので、水害からご自身やご家族、地域を守る活動にお役立て下さい。

 

災害時の際は、テレビやスマートフォンなどで大雨、洪水情報を確認し、警報にあわせて避難をするようにしましょう。

 

不要な避難で二次災害が起きても大変ですので、避難警報が出るまではきちんと情報収集することをおすすめします。

 

ご紹介したマップに予想箇所が掲載されているので、予め確認するといいですよ。

 

物件探しの際は防災マップを参考にして、土地が高い場所や地盤がしっかりしているところを選び、日々の生活の中で準備しておくといざという時に役立ちますよ。


まとめ


普段暮らしていると、ついつい忘れがちになってしまう防災へ意識や準備。

 

大丈夫と思っている人ほど、いざという時に対応できないものです。

 

これから賃貸物件をお探しの方は、これらの防災マップをぜひ参考にしてください。

 

分からないところは窓口で対応してくれるので聞いてみるといいですよ。

 

八尾市市役所

 

八尾市でのお住まい探しは、南光不動産株式会社へお任せください。

 

お客様のライフスタイルやご予算に合ったお部屋探しをご提案いたしますので、お気軽にお問合せ下さい

≪ 前へ|近畿大学でスタートしたアマゾンの学生向けのサービスとは?   記事一覧   学生の一人暮らしにも経済的なウォーターサーバー|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約