HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 一人暮らしを始める大学生へ、住民票は移すべきなのか?

一人暮らしを始める大学生へ、住民票は移すべきなのか?

≪ 前へ|引越ししてからの手続きは?分かりやすく順番に解説   記事一覧   学生さんの一人暮らし!自宅にあるインターネット環境はWi-Fiがおすすめ!|次へ ≫

一人暮らしを始める大学生へ、住民票は移すべきなのか?

カテゴリ:お役立ち情報

大学生の一人暮らしを始めようとしている方で住民票の変更は考えていますか?

 

「卒業したら実家に帰るから」、「引越すけど地域は変わらないし」などと思って移さない人も多い

 

のではないでょうか。

 

届け自体は簡単なのですが、いざ市役所へ行こうとなると面倒ですよね。

 

しかし、住民票を移してないと後々もっと面倒なことになります。

 

今回は「一人暮らしの住民票」についてご紹介します。


大学生の一人暮らし 住民票の仕組み


住民票


まず住民票は、あなたのデータを国で保管するためにあるものです。

 

データの中には名前や生年月日の他に「現在の住所」も保管されています。

 

データの中の住所が変わるため、データを更新するために住民票を移す必要があります。

 

・住民票異動の簡単な流れ

 

引越し前:転出届を提出し転出証明書を貰う

 

引越し後:14日以内に転入届と転出証明書を提出する

 

これだけです!

 

ちなみに引越し先の市役所が同じであればこの手順は1度で済むため、もっと簡単ですね。


大学生の一人暮らし 住民台帳法について

 

もし、引越しをしてから14日を過ぎてしまった場合、特殊な場合を除いて「住民台帳法違反」に

 

なります。

 

その場合5万円以下の過料(罰則)を支払う可能性もでてきます。

 

じゃあバレないように申請すれば大丈夫では?と思うかもしれませんが、虚偽の場合はもっと重い

 

罰になってしまうため、その場合は素直に申告しましょう。


大学生の一人暮らし 大学生は特殊な例になる?


先ほど挙げた「特殊な例」ですが、実は大学生が一人暮らしを始める場合これに該当します。

 

具体的に言うと

 

・卒業後は実家に帰る予定

 

・引越先に住むのが1年未満

 

この2つの場合は移さずとも過料は課せられない、と言うことも覚えておきましょう。

 

大学生の一人暮らし 移さなくても良いがデメリットは多い


住民票


住民票を移さなかった場合のデメリットは以下の通りです。

 

・大学からの書類や郵便物が実家に送られる

 

・運転免許証は変更前の地域でしか取得・更新できない

 

・契約時のトラブルが多い

 

基本的には、一人暮らし前の情報から色々と行わないと行けないため、二度手間になってしまうこ

 

とが多いです。

 

実家で対応してもらえるのであれば問題ありませんが、運転免許証の取得や更新は、住民票の住所

 

でしか行えないので、大変不便です。

 

また保険証の住所も異なるため、いろいろ聞かれて面倒なことになる場合もあります。

 

このようにデメリットが多いので、きちんと移しておいた方が後々楽ですよ。


まとめ


今回ご紹介した他にも、身分証が必要だったりする場面では不都合が起こる可能性があります。


せっかくの一人暮らしや学生生活を満喫するためにも、余計なことでトラブルにならないよう、一


人暮らしを始める際は、住民票を移す手続きは必ず行いましょう。


私達、南光不動産株式会社では学生向けの賃貸物件を多数取り扱っております。初めての一人暮ら


しで不安なことも、当社にご相談下さい。お客様の素敵な学生ライフをお手伝いいたします。ぜひ


お気軽にお問合せ下さい。

≪ 前へ|引越ししてからの手続きは?分かりやすく順番に解説   記事一覧   学生さんの一人暮らし!自宅にあるインターネット環境はWi-Fiがおすすめ!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約