HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > 同棲カップルやルームシェアにおすすめのメゾネットとはどんな間取り?

同棲カップルやルームシェアにおすすめのメゾネットとはどんな間取り?

≪ 前へ|梅雨に負けない一人暮らしを目指す!洗濯物の部屋干し臭やカビ予防方法   記事一覧   住むならどっちがお得?アパートと下宿の違いについて|次へ ≫

同棲カップルやルームシェアにおすすめのメゾネットとはどんな間取り?

カテゴリ:お役立ち情報

初めて同棲を考えているカップルにとって、物件選びはとても重要です。

リビングとキッチンの広さ重視で1LDKにするのか、互いのプライバシー重視で2K以上にするのかなど、間取りにより暮らし方が大きく異なります。

そんな間取り選びに迷っているカップルにおすすめの賃貸物件が、メゾネットタイプです。

メゾネットとはどんな家なのか、メリット・デメリットとあわせて紹介します。


メゾネットとは?


メゾネット物件


メゾネットとは、内階段があり室内が上下階に分かれている集合住宅のことです。

ロフト付きの住居と異なり、上階部分も生活空間として使えます。

類似のもので、戸建てが横に連結しているタイプの物件もありますが、こちらはテラスハウスと明確に分けられています。

これらに対してフラットタイプとは、一般的な間取りのアパートやマンションが該当します。


メゾネットのメリットとは


・生活空間を区別しやすい

 

室内が上下に分かれているため、生活空間を区別しやすいです。

起床や帰宅時間が異なる場合、お互いの生活音がストレスになることも。

しかしメゾネットの場合、玄関階にキッチンや浴室、上階に寝室等があれば、就寝中のパートナーに気兼ねなく活動できますね。

 

・友だちを招きやすい

 

フラットタイプの住居だと、友だちを呼びたくてもパートナーがいると呼びづらいこともあるでしょう。

反対の立場になった時も、自宅にパートナー以外の異性がいると居心地が悪いです。

その点、メゾネットなら上下で完全に区切られていますから、パートナーに来客があっても自分は顔を合わせず済むメリットがあります。

 

・結婚後のイメージを持ちやすい

 

将来的に結婚し子どもが出来たら、戸建てに住み替えたいと考えるカップルは多いです。

メゾネットなら、賃貸でありながら戸建てのような暮らし方になりますので、「将来戸建てを買ったらこんな感じの暮らしになるのかな」と、イメージしやすくなりますよ。


メゾネットのデメリットとは


メゾネットで困る生活音


・有効利用面積に制限がある

 

室内に階段がある分、フラットタイプの住居より有効利用面積が狭くなってしまいます。

ただし有効利用面積の狭さについては、戸建ての住居についても同様です。

また、一口に内階段といっても、リビングに直結しているタイプなど様々です。

階段周りが吹き抜け様式になっていて、むしろ広々と感じる物件もあるでしょう。

有効利用面積が狭いからといって、必ずしも狭苦しさがあるとは限りません。

 

・隣家の生活音が気になる

 

戸建て風の間取りなので忘れがちですが、メゾネットも集合住宅の一種です。

隣家の生活音は、フラットタイプの物件と同じように響く可能性があります。

加えて階段の昇り降りの音が気になることもあるでしょう。

ですが、隣家と間取り配置が左右対称になっていて、隣り合う壁部分に階段が配置されていれば、あまり気にならないことが多いです。

メゾネットを選ぶ際は、隣家の階段から離れた部屋に寝室を設けるなどの工夫もしたいですね。


まとめ


同棲カップルにおすすめのメゾネットとはどんなタイプの住居なのか、ご紹介しました。

気軽な同棲や友人とシェアする人にはもちろんのこと、結婚を前提にした同棲カップルにも何かと魅力の多い物件です。

互いのプライバシーを尊重したいからこそ、物件選びは慎重に行いたいですね。

 

東大阪市でメゾネット賃貸をお探しの方は、南光不動産株式会社までご相談ください

≪ 前へ|梅雨に負けない一人暮らしを目指す!洗濯物の部屋干し臭やカビ予防方法   記事一覧   住むならどっちがお得?アパートと下宿の違いについて|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約