HOME-近畿大学エリアの賃貸なら南光不動産 > 南光不動産株式会社のブログ記事一覧 > アパートの方角は重要!?それぞれのメリットやデメリットとは!

アパートの方角は重要!?それぞれのメリットやデメリットとは!

≪ 前へ|賃貸物件で設備故障!トラブルを未然に防ぐ入居前のチェックとは?   記事一覧   長瀬駅から近い総合病院「東大阪生協病院」でいざという時も安心!|次へ ≫

アパートの方角は重要!?それぞれのメリットやデメリットとは!

カテゴリ:お役立ち情報

快適な生活をおくる為には、物件の設備や周辺環境が重要な条件になります。

しかしアパートの方角も、それと同じくらい大切なポイントという事をご存知ですか?

そこで今回、近畿大学付近でお部屋探しをしている方に、それぞれの方角のメリットやデメリットをご紹介します。


アパートの方角①:南・東向き


アパートに大切な方角図


南向き

南向きのお部屋は他の方角の中で一番日当たりが良く、最も長い時間お部屋に日が差します。

その為洗濯物がよく乾き、冬場は暖房の費用が浮くというメリットが。

しかしデメリットとして夏場は室温が高くなることや、日当たり良好という好条件の為、家賃が高めに設定されているお部屋が多い事があげられます。

 

東向き

東向きのお部屋は太陽が昇る方角なので、朝の日当たりが良い特徴があります。

起床の際に朝日を浴びる事が出来るので、体内時計が正常に働きスッキリと目覚める事が出来るでしょう。

しかし午後は日が当たらなくなるので、冬場は室温が下がってしまい室内も暗くなってしまうデメリットがあります。


アパートの方角②:西・北向き

 

西向き

西向きのメリットとしては、午後から夕方にかけて日が当たるので、太陽が昇りきってから洗濯物を干しても乾きやすい事があげられます。

しかし夕方になると西日が差し込み、眩しくなってしまうデメリットも忘れてはいけません。

 

北向き

北向きのお部屋の一番のメリットは、家賃が他の方角のお部屋に比べて低く設定されている場合が多いという事です。

しかしデメリットとして日当たりが悪く、湿度が高くなりがちなので、結露やカビなどが発生しやすいと言えます。


アパートの方角③:一番人気なのは?


南向きのアパートの日差し


アパートのお部屋で一番人気なのは、最も日が当たる南向きのお部屋です。

それ以降は東向き・西向き・北向きと続き、それぞれ平均して家賃には数千円の差が出る傾向にあります。

しかし、生活スタイルによって日中の行動する時間帯は変わるので、どの方角が快適に過ごせるかは人それぞれなんです。

朝方の生活スタイルの方は東向き、日中お家に居る事が多い方は南向きや西向き、お家に居る時間が短くあまり日当たりを気にしない方は北向きを選ぶなどすると良いでしょう。


おわりに


いかがでしたか?

アパートの方角は、それぞれにメリット・デメリットがあり、住む方の生活スタイルに合わせて選ぶ事が重要です。

お部屋探しで悩んだ際は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

私共南光不動産株式会社では、近畿大学周辺の賃貸物件を多数取り扱っています。

スタッフには近畿大学OBも在籍しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

≪ 前へ|賃貸物件で設備故障!トラブルを未然に防ぐ入居前のチェックとは?   記事一覧   長瀬駅から近い総合病院「東大阪生協病院」でいざという時も安心!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る

来店予約